舞田美和 | Be & Do Inc.

Become active! Be&Doブログ

舞田美和の記事一覧

  1. こうべ健康経営会議にて

    こうべ健康経営会議 ブース出展してまいりました!

    スタッフ舞田です。3月14日、記念すべき関西初開催となったこうべ健康経営会議に、ご縁あってブース出展させていただいてまいりました。なんと、400名を超えるご参加があったとのこと!健康経営への関心の高さがうかがわれますね。

    続きを読む
  2. わくスタ

    安心して働き続けるためのチャレンジへ~わくスタProjectより

    Be&Do的”働き方改革”の「わくスタ(WorkstyleEvolutionProject)」、今年初回のミーティングを行いました。今回の議題のメインは、1ヶ月間など長期的なリモートワークができる枠組みを試してみよう!について。

    続きを読む
  3. ふりかえる方法について

    今年はどんな1年でしたか?独断で選ぶ、振り返り手法4選。

    なんか知らんうちに年の瀬になってました・・・。1年間があっという間と感じるのは、私が歳をとったせいではなく、この1年が充実してたからだ!うんうん、きっとそうだ。スタッフ舞田です。みなさんは、今年、どんな1年でしたか?今年最後の出勤日。

    続きを読む
  4. HR EXPO 出展してまいりました!

    11月15日~17日の3日間、インテックス大阪で開催されたHR EXPOに「Habi*do」出展してまいりました。「なるほど、これはいいね!」「早速使ってみたい!」「お困りのお客様にご紹介したい!」という嬉しいお声をたくさんお寄せいただきました。

    続きを読む
  5. 健康経営のホントのところ

    【セミナー開催レポート】「健康経営」を始めるポイントと成果“ホントのところ”セミナー~実践企業による「ここだけの話」~

    健康経営の実践・導入・検討のご担当者様を対象に、ざっくばらんに”ホンネ”が話せる場として企画したセミナーの開催報告です。みなさん熱心にご参加くださり、テーブルごとにお名刺交換をしていただいたり、セミナー後の交流会でも活発な情報交換の輪が広がっていました!

    続きを読む
  6. ウェルビーング経営とは?

    「健康増進」だけじゃダメ?従業員のやる気につなげる「健康経営」

    「HHHの会」での取り組みを、副座長として当会を主導してくださった武蔵大学 森永雄太准教授が、「日本の人事部」のインタビューでお話しくださっています。 森永先生のこの一言に深く頷く人は多いのではないでしょうか。”「健康になろう」というメッセージに賛成する人は多いけれど、実際に現場へ浸透させ、継続していくことは難しい。”

    続きを読む
  7. 心理的安全性は、全然甘くない。

    「言われて傷ついたというか…モヤッとしてることがあるんです。」意を決した様子で、あるチームメンバーの一人に言われました。一見ネガティブに見えるものも安心してさらけ出せる関係、それが「心理的安全性」のあるチームなのだと、改めて思った瞬間でした。

    続きを読む
  8. 育休中のスタッフが来社!

    産休・育休スタッフの不安を解消するカギ?!職場とのつながりの大切さ

    先日、現在育休中のスタッフが、赤ちゃんを連れてオフィスに遊びに来てくれました!久しぶりに顔を合わせたものの、あれ???なぜかあんまり”久しぶり感”がない。この感覚は育休中スタッフにとっても、他のスタッフにとっても、会社にとっても重要なもの。

    続きを読む
  9. 従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラムレポート いよいよ後編!

    経産省の藤岡氏による応援講演と、登壇者全員によるパネルディスカッションの様子を、たっぷりレポートしました。最後に「働き方改革」「健康経営」への取り組みといったアンケートの結果もご紹介していますので、お見逃しなく!

    続きを読む
  10. わくスタプロジェクトの様子

    在宅ワークでも一体感を共有するには?~わくスタプロジェクト~

    Be&Do版「働き方改革」である”わくスタプロジェクト”もいよいよ第14回目!第1回のミーティング(2016.10.5)から約1年。 今回の議題は2つ。 ●在宅ワーク時の「なんとなく社内の雰囲気をキャッチアップできてない感」をどうすれば払拭できるか? ●プル型タスクの活用について

    続きを読む
  11. フォーラムの様子

    従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラムレポート中編!

    「HHHの会」の参画企業でもある、ロート製薬様、カルビー株式会社様、鎌倉市様の3社から、それぞれの「働き方改革」「健康経営」に関する、具体的な取組みをご紹介いただいた内容をレポートしています。

    続きを読む
  12. 「健康100日プロジェクト」が人気なので、今さらながら自己紹介とかしてみる。

    「健康100日プロジェクト」が、なんやかんやでとっても注目いただいていまして・・・とっても嬉しいです。 ・・・なのですが! 「Be&Do=健康事業をやってる会社だよね」とか、「Habi*do=健康増進ツールでしょ」、っていう誤解をいただくことも多くて・・・。 というわけで、改めて自己紹介をば。

    続きを読む
  13. フォーラムの様子

    従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラムレポート前編の公開!

    弊社が事務局を務めた「従業員の自律と主体性を引き出す『働き方改革』フォーラム」のレポートが公開されました!今回は前編ダイジェストをご紹介。

    続きを読む
  14. わくスタプロジェクトミーティングの様子

    働く時間の共有とセルフマネジメントはみんなのために!~わくスタPJ~

    今回の議題は「働く時間の管理と共有について」です。柔軟に働きつつも、連携が必要な業務やイレギュラーな顧客対応、緊急性を要する対応などが発生したときに、どうすればベストな体制が取れるか。 チームで最大のパフォーマンスを出すために必要なルールとは?・・・いつになく議論が白熱!

    続きを読む
  15. モノグサな私は、「これっきり」で行動を変える。

    「変わりたい!」「変わらなきゃ!」 残念なことに、総じてその強い決意は続かないものです。 あなたを変える?!慣れ親しんだやり方を変える簡単な方法とは??

    続きを読む
  16. マーク

    〇〇式でやれば、手に負えない仕事だってサクサク!

    目の前に立ちはだかる巨岩を前にして、思わず「え?!これ登るの~???どうしよう・・・無理だーーーっ。」と、足がすくんで一瞬動けなくなった彼女。。。 でも、結果、意外にサクサク登れちゃったらしいんですよね。 自分の手には負えなさそうな仕事(岩山)でも、足がすくんだら〇〇式!

    続きを読む
  17. ショートコント「俺って、いい上司じゃね?」~ワーク・コミュニケーションとは~

    部下をフォローしようと、自分なりにコミュニケーションを増やしたつもりのB部長。しかしそれは部下が欲しいコミュニケーションではなくて、むしろ首を絞める結果に・・・あるあるなお話しなのかもしれません。本来必要なワーク・コミュニケーションとは??

    続きを読む
  18. 生産性UPの鍵は「効率化」ではなく、ドーパミンだった!

    働き方改革ー”生産性の高い働き方”を目指している企業は多いのではないでしょうか? そんなお話をすると、この”生産性”という言葉に違和感を感じる従業員がいるという話も同時に聞くんです。なんだか「まだまだ頑張りが足りない、と、労働力を搾取されるような感じ」がするんだとか。

    続きを読む
  19. 従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラム 開催いたしました!

    去る5月28日、Be&Doが事務局を務める、従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラムを開催してまいりました(主催:一般社団法人人と組織の活性化研究会(APO研)/共催:神戸大学大学院経営学研究科/後援:経済産業省)。

    続きを読む
  20. Habi*doを活用した全国のサロンフォローで、支店売上対前年比129.6%を実現!~株式会社セブンツーセブン 事例インタビュー

    スキンケア化粧品をはじめとした独自の美容製品を、美容室チャネルで展開されている㈱セブンツーセブン様。 自社製品の販売先である美容室(サロン)の経営者のためのコミュニティサイト「7ちゃんねる」を、Habi*doを使って立ち上げられました。「70年間やってきた今までの営業のやり方、歴史を変える」という想いで運用されています。

    続きを読む

この記事を書いたメンバー

舞田美和
舞田美和
Be&Doプランナー/ ”ひとり一人の凸凹を活かし、チームでチカラを最大化できる仕掛け”をご提案しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • 俣野八重
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る