STAFF BLOG

春だからこそ・・・「七五三」把握されていますか?ーデータで見る離職の話。

春を迎え、多くの新入社員を迎えた部署、そしてチームの方々も多いかと思います。

新卒採用者における七五三現象とは

みなさん、七五三現象ってご存知ですか?
子どもたちのお祝いの七五三ではなく・・・
新卒で就職した人のうち、中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が3年以内に離職してしまうといわれるこの現象。多少数値の上下はあるもののほぼ変わらずに推移している数字だそうです。

実際に厚生労働省のデータにて確認してみましょう。
※厚生労働省、平成25年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況について取りまとめより引用。
【新規学卒者の卒業後3年以内離職率】
○ 大学   31.9% 前年比0.4ポイント減
○ 短大等  41.7% 同0.2ポイント増
○ 高校   40.9% 同0.9ポイント増
○ 中学   63.7% 同1.6ポイント減

【事業所規模別卒業後3年以内離職率】( )内は前年比増減
○ 大学

1,000人以上 23.6% (+0.8P)
500~999人 29.2% (▲0.1P)
100~499人 31.9% (▲0.3P)
30~99人 38.6% (▲0.4P)
5~29人 49.9% (▲1.6P)
5人未満 59.0% (▲0.6P)

○ 高校

1,000人以上 24.7% (+3.1P)
500~999人 31.5% (+2.0P)
100~499人 37.9% (+0.9P)
30~99人 47.7% (+0.4P)
5~29人 57.2% (▲0.6P)
5人未満 64.4% (▲4.0P)

離職というものがいかに身近なものなのか、また中小企業における新規学卒者の離職率の高さが顕著に数字に表れています。

採用にかかる費用そしてミドル層の転職状況

2016年卒マイナビ企業新卒内定状況調査において、
採用全体にかかる費用としては1社あたり平均約556万円
また、入社予定者1人あたりの採用費平均(1社ごとに採用費を入社予定の人数で割った数値の平均値)
全体:約45.9万円/上場企業:約47.8万円/非上場企業:約45.6万円
というデータがでています。
人を一人採用することで多くのお金がかかっていることがここから分かりますよね。

35歳を過ぎると転職が難しくなる、転職成功のリミット年齢は35歳などといわれていた「35歳転職限界説」。
しかし、少子高齢化、人口の減少が進む中、即戦力となるミドル層の転職が右肩上がりに増えているそうです。

新卒採用者にしてもミドル層にしても、採用した社員を手放すことは、お金の損だけにはとどまらず、
人手不足や人材不足より仕事がこなせないという状況が生み出されてしまったりと、会社にとってデメリットとなる可能性が高いように感じます。

離職を防ぐ解とは

ではどうすれば離職を防ぐことができるのか。

「エンゲージメントを高めること」ーそこにひとつの解があるように思います。

TwitterとFacebookにおけるエンゲージメント率の重要性等、マーケティングおいて重要視されるエンゲージメント。
しかし、エンゲージメントとはマーケティング分野を超えて広まっています。
アメリカの企業においては、「従業員エンゲージメント」や「顧客エンゲージメント」、エンゲージメントを高めることに比重をおいています。
実際にエンゲージメントを高めることで離職率を下げる、転職を防ぐといった成果がすでにでています。

従業員のエンゲージメントのレベルが上がると、離職率が下がる。(43%、逆相関する)
(出典: Linking People Measures to Strategy. The Conference Board)

エンゲージメントの高い従業員の66%は離職を考えておらず転職先を探しているのは3%のみ。
一方、エンゲージメントの低い従業員では離職を考えていないのは12%で、31%が実際に転職先を探していた。
(出典: Driving performance and retention through employee engagement. Corporate Leadership Council)
春、すがすがしく気持ちいい季節な半面、部署の異動、転勤等で離職を考える方も増える季節。そして新卒採用者における七五三現象。

みなさん春だからこそ・・・エンゲージメント高めること、考えてみませんか?

関連記事

ページ上部へ戻る