他者から真似ぶこと~大人にとって大切な学ぶこと~ | Be & Do Inc.

ブログ

他者から真似ぶこと~大人にとって大切な学ぶこと~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事においてもプライベートにおいても「目標」を立てること・持つことの大切さは感じている。
しかし、そもそも目標自体どう立てたらいいのか分からない・・・そんなことも多いと思います。

成長における真似ることの重要性

私自身はもちろん、子どもたち(5歳・3歳)を見ていても思うのですが「マネ」って大切だなと思います。

赤ちゃんはまだ手足がうまく動かせないときからじっとお父さんやお母さんの動きを観察。生後半年過ぎたころから「パチパチ」と拍手をしたり手を振ったりとできるようになります。
周囲の大人から学び取ることで、人の手をかりないと生きることのできない赤ちゃんから自分で身の回りのことをやる幼児へと、急速にそして大きな成長があるのです。

周囲からの学びでの成長。それは大人にとっても言えることですよね。
「あの人のようになりたい」
「あんなふうに成果を出したい」
あの人、あんな風に・・・と思える人がいるのならその人をマネすること、ただそれだけで何から始めたらいいのか迷っている状態から変わることができます。

大人にとっても真似ることは

その人自身に身に付いたもの、その人が独自でつくり出したもの、身についたものやつくり出したもの自体をコピーすることは難しく、またマネをしようとしてもうまくいかないことも多いかと思います。
ですが、自身に合いそうな使えそうな部分をピックアップして活かすことはできると思います。

子どもはいつの間にか周囲の人の行動を観察して自然に真似をしています!
しかし大人になると真似をすると言っても・・・
「これってどうやってやるの?」と子どものように簡単に聞けるわけもなく、横に並んで全く一緒なことをやるわけにもいかず・・・。

弊社Habi*doでは目標/習慣/タスクをチームで共有することができます。
チームのメンバーがどういった仕事をしているのがどれくらい進んでいるのかといったことを把握することだけでなく、
チームメンバーの目標/習慣/タスクそれ自体を見ることが学びになると感じます!
目標の立て方や習慣やタスクの設定する場合、期限や優先順位を他のメンバーはどのように設定しているのか知ることができます。
また、同じ目標を持っているメンバーがいる場合、目標達成のために通るプロセスは人それぞれです。
他のメンバーの自分とは違ったやり方。「確かに成果につながりそうだな」といった気づき・学びにもなります。

常に成績トップをとり続けているあの上司、忙しい中でもいつも笑顔で冷静に対応できるあの先輩。
あの上司や先輩の目標/習慣/タスクが共有されるだけで、学びとなり真似る機会が自然と出来上がると思います。

「学ぶ」は「真似ぶ」が語源であるという説もあるそうです。
真似ぶー子供の頃と同じように大人も真似ることは成長する、成果を生み出す一つの方法かもしれません。

みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

関連記事

この記事を書いたメンバー

みさ
みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • 俣野八重
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る