STAFF BLOG

押し寄せる禁煙の波~なかなか変えることができない習慣~

5月31日から6月6日は「禁煙週間」です。

がんばり可視化webアプリHabi*do(ハビドゥ)「健康100日プロジェクト」に取り組まれたロート製薬株式会社様では、“禁煙”を目標に掲げた274名中89名(32%)が100日間禁煙達成しました。
健康100日プロジェクトとはひとり一人が任意の健康目標を設定し、チームメンバー同士で励まし合いながら健康行動を100日間実践するHabi*do(ハビドゥ)を使った体験型プログラムです。

「禁煙」を目標に掲げた274名中89名(32%)が100日間禁煙達成

健康100日プロジェクトでは「禁煙を達成する」「体重を3kg減らす」といった100日間取り組む健康活動の目標を自分自身でたて、「吸いたくなったら深呼吸をしてみる」「階段を使う」「1日8000歩以上のウォーキングをする」といった目標を達成するためにおこなう行動をHabi*do(ハビドゥ)に登録します。
「やった」を押すことで頑張りをチームに共有、チームのメンバーでスタンプやコメントを使い励ましあいながら100日間健康活動に取り組みます。

なかなか変えることができない「習慣」

厚生労働省の調査によれば、現在習慣的に喫煙している男性の4人に1人、女性の3人に1人が「タバコをやめたい」と考え、
「本数を減らしたい」を含むと、このままの喫煙習慣を続けたくないと考えている人は6割を超えているそうです。
また、喫煙者の半数以上が4~5回禁煙を試みたことがあるそうです。

禁煙に限らず起床時間や仕事のやり方等々、一度見についた習慣、でも今度こそ改めよう・変えようと思うときってありますよね。
始めるときは、「目標達成するぞ!」と張り切るものの続けず、結局元通りの生活に・・・。
意志力がないなと自分を責める方も多いのが現実ではないでしょうか。

以前石川善樹さんの「最後のダイエット」を読んでブログを書きましたが、
30歳を超えると最大で80%くらいは習慣でさまざまな行動を行っているという報告もあるそうです。
一度身についているものを変えようとすることは簡単なことではありません。

まずは「変えたい」「変わりたい」といった意志を持つこと。
そして習慣化しているものを阻害する何かをセットすることがおすすめです!
「たばこをやめたい」と思っていればいつも机の上に置いておくたばこをちょっと遠いところにおくようにする、
「お菓子を夜食べたくない」のであればいつもと違う場所に保管してみる。
ほんの些細なことですが、いつの間にか自然に行っている、習慣化されていることを「行動」として認知しやすくなります!!

そして自分の行っていることや考えを書き出してみることも大切ですね。
禁煙、今日はできた・できなかった。できなかった時には何が原因だったか考える。
禁煙が何日続いたが明確に見えることで達成感が味わえ、禁煙を続ける助けになると思います!!

今後押し寄せる禁煙の波

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて今国会での成立を目指す受動喫煙対策の法案。
厚生労働省が一部を除く飲食店での屋内喫煙を原則禁止にする法案の提出をめざす、といった禁煙の波が押し寄せています。
加速する禁煙・分煙社会に注目が集まります。

関連記事

書いたひと

みさ
みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る