お局ブラックボックス化。。。事務の生産性向上のお話。 | Be & Do Inc.

ブログ

お局ブラックボックス化。。。事務の生産性向上のお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

OL「お局さまブラックボックス化」とは、戦略的ウェブサイト構築集団あやとり代表の生田明子さんの持論です。

お局 ブラックボックス化とは

事務所などで、一番の古株になってしまったお局さまには、業務改革が入っておらず、どんな仕事のやり方をしているのか、誰もわからないブラックボックス化してしまっていることが多いという話です。
またブラックボックス化することにより、必然的にお局さまの存在感が増すために、業務革新の際のボトルネックにもなっているというのです。

例えば、新しいソフトウェアを導入して、業務の効率化を図ろうとしても、実際に操作を担当するお局さまが強固に反対した場合、誰もそれを押し切れないというような事態もままあるのだそう。
ここまでは生田さんから教えていただいたお話です。

事務担当者が仕事を教えない、共有しない理由とは

ところが私たちも事務業務の行動評価について、お客様と話をしていたときに、似たような話が出てきました。

それは、事務業務の改革が進まないひとつに、事務の担当者が自分の仕事を後輩に教えない、または共有しないことが多いというお話でした。
結局、仕事を教えてしまうと自分の仕事がなくなるという不安や、ブラックボックス化することで存在感を保持していたのにそれが守れなくなるということからなのでしょうか。

ブラックボックス化して存在感を保持しようとするのは、お局さまだけではなく、案外と出来ていそうで出来ていないかも。
日々の行動に、意識して共有化することや業務の改善についてアドバイスを求めることなどを取り入れるとよいですね。

良い行動の習慣化で成果に。
目標を共有化し、行動習慣化と認め合いを喚起できる仕組みのエンゲージメントツールHabi*doの出番かもしれません。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る