STAFF BLOG

認めることの大切さ~花丸を見せたい~

人間にとって承認欲求は切っても切れないものだと思います。
「褒める」だけでなく「認める」ー承認欲求を満たすために大切だと感じます。

母親に認めてほしいー子供の承認欲求

我が家の長女の最近の夢は「ピアノの先生になる」こと。
毎日の練習も自分から進んで椅子に座って、楽譜を開くようになりました。

あるピアノのレッスンの日。
いつものように終わるころ迎えに行くと、泣きながらピアノを弾く娘の姿。
先生に伺うと「うまくできずに悔しいと泣き始めました。」とのこと。
泣きながらでうまく弾けず、余計泣くを繰り返す娘。

なんとかレッスンを終えて帰りの自転車。大声で泣き始めました。
「ママに花丸見せたかったよぉ。」

もちろんできなくて悔しかったのもあるのでしょう。
でも一番は私に褒められたい、認められたい、と思っていたのだと知り、胸がぎゅーっとなりました。
「花丸じゃなくてもいいんだよ。毎日頑張って練習して弾ける曲も増えたよね?ママは楽しんで弾いてる〇〇を見るのが一番嬉しいよ。」
とハグしてから帰ってきました。

「認める」ことの大切さ

承認欲求
ー他人から認められたいと思う感情のことです。
子どもを育てていて思うのですが、この「承認欲求」なくしたくてもなくならない程身についているものだなと思います。
動物と違ってうまれてしばらくは親や養護者の手がない限り、人間は生きられない生物です。
自身が生きるためにも泣くことで相手に欲求を訴え、そのうち身振り手振り、そして言葉で伝えるようになります。
食べる、寝るといった欲求以外でも、抱っこしてほしい、甘やかしてほしい、そんな欲求も意識なく訴え満たしてもらおうとしています。

生まれてからずっと承認欲求を自然と持ちながら生きてきた私たち。
長女や二女との関係の中で思うのは、欲求を満たすうえで大切なのは「褒める」だけでなく「認める」こと。

「上手だね」「よくやってるね」
ついついこういった声かけをしてしまいがち。
これって仕事でも多くの上司の方がこういったニュアンスの褒め方をしているのではないでしょうか?
もちろん言われた側も嬉しいとは思います。

「この一週間、練習の目標達成続けているね。」
「〇〇の曲も弾けるようになったんだね。」
その人の前後の変化や成長、成果を汲み取った言葉。この「認める」が大切だと思います。

仕事においても上司がそして周りの人が自分自身を認めてくれること。自分自身が自分の頑張りを客観的にみて認めること。
モチベーションを高めることに繋がると思います。

そして認めあうためには、その人の日々の行動、目標や目標の進捗をお互い把握しあっていることが大切だと思います。
(それができるのがHabi*doだったりします。)
自分が認められている。そう感じたらしい我が家の長女、1週間コツコツ練習。
泣きながら弾いた曲。次のレッスンでは大きな花丸をつけてもらい、笑顔で帰ってきました!!

関連記事

書いたひと

みさ
みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ
働く人のイキイキを実現するWellbeingマネジメントシステム

最近の記事

ページ上部へ戻る