VUCAの時代に求められる自律型組織~今、現場が強くなるべき! | Be & Do Inc.

ブログ

VUCAの時代に求められる自律型組織~今、現場が強くなるべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

混迷の時代

以前、ASTD(現ATD)の報告会で話題にも出ていたVUCAという言葉。
変動性(Volatility)、不確実性(Uncertainty)、複雑性(Complexity)、曖昧性(Ambiguity)を指して、これは様々な世界情勢、ビジネス全体に起こっている状況です。

世はまさしく混迷の時代!

変化が激しいVUCA時代に社会課題解決と事業性の両輪で成功していくためには、これまでのように経営トップ個人によるカリスマ型の強力なリーダーシップだけでは太刀打ちできなくなっています。イノベーションを継続して生み出している多くの企業では、経営層や管理者だけではなく、全員がリーダーシップを発揮できる環境が整えられつつあります。

経営者や管理者は、かつてのように自らが前面に出るリーダーシップではなく、メンバー一人ひとりがリーダーシップを発揮できる環境をつくるという側面でのリーダーシップ発揮が求められるようになっています。またメンバー一人ひとりは、フォロアーシップの発揮だけではなく、自らが権限によらないリーダーシップを発揮することが求められています。

VUCA時代に求められるリーダーシップの新たなカタチ(JMAMによるレポート)より

ちょうどJMAMで、混迷の時代にこそ求められるリーダーシップに関するレポートがまとめられていました。

ここで触れられていたのは、強力なリーダーシップをトップがとることよりも、ひとりひとりが得意分野でリーダーシップを発揮する必要性。時と場合により、リーダーになったり、フォロワーになったり。(この話って、ホラクラシー型組織の話にも共通しますね

自律型人材、自律型組織というものが求められる時代ですね。

自律型組織づくりしないと!

トップダウンで、昔ながらの軍隊ばりの指示命令系統で動く組織では、機動性にかけるのかも。
ビジネスのスピードが早くなり、何が起こるかわからず、正解もわからない中では、現場の組織が自分たちで考え、その時々で得意な人がリーダーシップをとりながら動く。

とにかくスモールステップでいいので、動きながら軌道修正をしていく。

単純労働生産よりも知的生産性が求められているなかで、机上で考えてばかりで、体制が整うのを待っていては置いてけぼりになるような時代だと思います。

そんな機動性を自分たちのチームが持てているか。組織から権限移譲されているかどうか。

より現場の力が求められますね。

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る