Be&Doのお仕事は「学びのマーケティング」のビジネスモデルを提供すること | Be & Do Inc.

ブログ

Be&Doのお仕事は「学びのマーケティング」のビジネスモデルを提供すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Be&Doの提供するhabi+Do!が日本eラーニング大賞厚生労働大臣賞を受賞したおかげで、ようやっと私のやりたい事業を展開できる環境が整いました。

”学びあい”は高い成果を生む

Be&Doはhabi+Do!を提供するシステム会社と思われていますが、それは実は本意ではありません。

私たちは「学びあい」「自発的な行動支援」「離れ離れであっても学びあえる仕組み」をソリューションやビジネスモデルとしてご提供していく仕事なのです。

私たちの根本にある思想は、『自発的な学びあいが個人の成長を促し、職場などの生産性を高め、より高次の成果に繋がる」というものです。

今回の受賞は、チームで目標を共有化し、互いに励ましあい競い合うことで、自発的な学びを生み、健康増進の意識づけや行動支援を促進させ、それを継続させる仕組み(habi+Do!)を評価いただいたのです。

このことは、健康増進のみならず、自発的な学習支援、研修効果を高める仕組みなど学習やキャリア開発にも適用できます。

私たちの仕事をご紹介いたします。

”学びのマーケティング”事業のご提案

私は「学びによるマーケティング的価値」について、持論を持っていました。

それは知識を得ることでいっそうその商品やサービスへの理解を高め、ファンになるというものです。

昔からワインや日本酒などのファンの人は、その製品に関する「薀蓄(うんちく)」がいっそうの興味をそそります。

このようなことは健康商材にも言えること。より正しくニュートラルな健康情報を提供することで、一般には販売が難しい健康関連商材を提供する上でファンをつくることができます。

私がロート製薬様が発行している健康情報雑誌陽笑顔fufufu」の立ち上げに関わらせていただいたのはそのような理由からでした。

今、某コーヒーメーカーがアンバサダーという仕組みを作って販売している方法も、ある意味、学びのマーケティングなのかも知れません。

このような学びの仕組みを強化するのが、Be&Doが提案する「オンライン講座事業」です。これまでのようなeラーニング型のWEBではなく、まるで座学と同じような感覚のオンライン講座を提供できます。

・「学びのマーケティング」でファンを作りたい事業者様
・資格認定事業を行っている団体様
・健康、トレーニング、サービス事業者様

以上のような事業者様に運営企画、コンテンツ開発、講師の指導法の教育、運営受託などを行います。

私たちは、「学びあいの場」を提供することで、よりファン化を促進する仕組みやビジネスモデルをご提供して参ります。

グループ学習型オンライン講座ビジネスモデルのご提案

研修事業者や講師の悩みは、最近の傾向として、受講者を集めにくいということで、研修時間が短くなってきているということです。

研修期間が短くなる上に、高い研修成果を期待されるため、最近では、フォロー付の研修や、SNSを使ったサポート付き研修なども増えてきています。

ある自己啓発の研修をおこなっている会社では、140名の受講者が、約10万円の受講費を払って参加しているプログラムがあります。この会社の研修目的は、「自己変革」。すなわち、良い行動の習慣化によって、自己成長を促すというものです。

したがって座学の研修だけでなく、日々の行動が重要です。そこでhabi+Do!と似たようなツールを使って講師がサポートをしているサービスです。これからはこのような研修、トレーニングが大きな潮流になってくると思われます。

このプログラムの1年の売上は1400万円になりますが、プラットフォームを自社開発されていますので、講師の費用のほか、システムの開発費、メンテナンス費、サーバー費用、管理者の人件費などコストは相当かかります。

一方で、すでにこれだけの売上を上げているプログラムであれば、habi+Do!を使っていただければ、かなりの利益が見込まれます。なにせhabi+Do!は、講師の人がオンラインで指導する上で、便利で楽に指導できる仕組みがガイド機能として用意していますので。

Be&Doではこのようなオンライン講座ビジネスモデルのご提案と運営支援、トレーニング手法の教育、受託運営、コンテンツ(教材制作)まで一貫してお受けいたします。

・教育研修会社様
・研修講師の方で新規サービス分野で事業を広げたい方

ご相談ください。

次世代のeラーニング ワークプレイスラーニング

社内の暗黙智を見える化して、学びのコンテンツに変えたい。

例えば、優秀な営業マンのノウハウ、成功事例。

学ぶべき学習内容に積極的に学んでいく仕組みなど。

しかしながら、これまでのeラーニングでは、理解度確認にしかなっていない。

私たちは、職場を学びの場とする「ワークプレイスラーニング」としてご提案しています。

まずは学ぶべきコンテンツを社内プロジェクトとして抽出する仕掛けづくりから支援いたします。

コンテンツ作成、社内オンライントレーナー(ガイド)の育成、運営支援など一貫してご提供いたします。

本件は、このような指導でコンサルティングの幅を広げたいとお考えのコンサルタントの先生とも協業して参りたいと思います。

・社内のナレッジをコンテンツ化したい企業様
・社内マニュアルを生きたマニュアルとして浸透させたい会社様
・社内教育担当者を育成して社内でオンライン学習を徹底した会社様
・企業のコンサルティングを行う上で、教育の仕組みをご提案したいコンサルタント様

Be&Doでは、コンテンツ開発から運用指導、社内教育担当の育成(ガイド)など一貫してご相談に応じます。

すでに様々なご依頼の元、プロジェクトが動き出しています

学びのマーケティング事業、グループ学習型オンライン講座事業、次世代eラーニング・ワークプレイスラーニング事業ともプロジェクトが動き始めています。

今後ともご期待ください!

 

 

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

エンゲージメントツールHabi*doHabi*do資料ダウンロード:エンゲージメントを高める仕組みと背景

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る