ランニングを継続するための5つのポイント! | Be & Do Inc.

ブログ

ランニングを継続するための5つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

winter_jog

ランニングを継続しようと思いながらも、目標がなければ続きません。 目標が壮大過ぎたり、目標があまりにも遠すぎたりすると、それもやっぱりだめです。 私がなんだかんだでランニングを続けていられるポイントを5つにまとめました。

マイルストーンとして気軽にエントリーできる大会に申し込む。

私の場合、5キロや10キロのマラソンや、仲間と出場できるリレーマラソンや駅伝大会、ちょっと頑張る時はハーフマラソンなどにエントリーしながら、走る習慣付けをするきっかけをつくります。

同じくマラソンが趣味の仲間を見つける

仲間の存在はありがたいですね!一緒に走ることも楽しいですし、トレーニングの時などは、仮想ライバルとして競い合ったり、励まし合ったりする。継続することの動機の一つになります。サークルや同好会に入るという手もありますが、それは意外とハードルが高いという人もいると思います。でも、最近はSNSなどを見ると走っている人を多く見かけるので、その友人知人と情報を共有しても良いかもしれませんね。

距離や回数などを目標にする

本格的に頑張る人はタイムを目標とするとモチベーションが高まると思います。また、ランニングを始めて練習を積み重ねると、少しずつタイムが伸びるてくるのを実感して、それが楽しくなったりもします。でも、私の経験でもあるのですが、タイムを目標にすると、無理をしてしまったりして、走り終わった後にすごくしんどくなってしまったり、身体へのダメージがすごい…。 そうなるとしんどい思いが先行してしまうので、また明日も走ろう!というように、なりづらくなる気がします。習慣として続けるなら、タイムよりも「距離」や「回数」に重きを置くことをおすすめします。積み重ねれば絶対に達成できる目標ですから!

何か目標達成をしたらご褒美をつくる

私の場合、目標を達成したら、追加でかっこいいランニングウェアやシューズを新調しようとか、けっこうモノにつられるタイプです(笑)これはそれぞれの好みで、負担なくご褒美にできるものが良いですよね!

普段の日常に取り入れることができる工夫をする

私はマイペースに週2~3回、早朝に走るか、時々ランニングスタイルで通勤をして、帰宅時に数駅手前で降りて走って帰ったりしています。そのために会社に革靴や、着替えも念のため置いてあります。 今のところはそれが目いっぱい!それは人それぞれのライフスタイルや、環境によっても異なると思いますが、日常にどこまで取り入れることができるのかをちょっと工夫してみることから始めると良いですね。 無理して時間をつくる、という方法をやると、やっぱり長続きしないです。 私の場合は、早朝なら子どもたちが起きていない!走れる!とか、 通勤時なら早く帰るよう努力すれば、少しは走れる!とか。 しかし、夜更かしが続くと、やっぱり早朝走れないです…。 フルマラソンからは1年以上遠ざかっていますが、今年はまたチャレンジするぞ! 皆さんは、ランニングを継続するためにどんな工夫をされていますか? ⇒私もランニング部に投稿したい!という方は、お問合せくださいませ!

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

エンゲージメントツールHabi*doHabi*do資料ダウンロード:エンゲージメントを高める仕組みと背景

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る