チームで物事を解決するのが日本流!神代の昔からの発想だった? | Be & Do Inc.

ブログ

日本は神代の昔からチーム発想だったのかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

日本は神代の昔からチーム発想だったのかも。

先日、興味深い話を聞きました。

神社には複数の神様が祀られているけれど、これはそれぞれ得意分野があるので、神様どうしが助け合っているから、という話です。

なので、勉強の神様のところで安全祈願をしようとすると、安全の神様に「おい、この件はおたくでやって」というような神様がチームで解決をはかっているそうです。

実はこの話の真偽はわかりません。

単なる「おはなし」かも知れませんが、なんとなく日本的で納得できそうな逸話です。

八百万の神様があらゆるところからサポートしてくれるという発想がなかなか興味深い。

キリスト教のように全てがキリストに責任があるなら、キリストさまが疲れちゃうといろいろ滞ってしまいますものね。(神だから疲れないか。。)

私たちはチームが機能してこそ組織の生産性が向上すると考えているのですが、もしかすると神代の昔から日本人の発想にチーム発想があったのかも知れません。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

エンゲージメントツールHabi*doHabi*do資料ダウンロード:エンゲージメントを高める仕組みと背景

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る