研修でレベルの低い人の底上げはできるのでしょうか。 | Be & Do Inc.

ブログ

研修で、レベルの低い人の底上げはできるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

研修で、レベルの低い人の底上げはできるのでしょうか。

教育研修のご担当者とお話をしていると、ほぼ出てくる話として「自発的に学ぼうとする人、成長意欲の高い人は何をやっても、どんな状況でも伸びるのでいいのですが、問題は
真逆の人の底上げなんです。」とおっしゃいます。

確かに人材の底上げは重要課題。そこが解決すれば、人材に関する問題の80%は解決できそうです。

でも、そんな難しい課題をせいぜい1日~2日の研修で解決できるのでしょうか。

私は研修の役割は、気づきを得る場だと思います。
通常の業務を離れ、自分を客観的に見直す機会であり、そこに新しい知識や情報に触れる機会です。

そういう意味で、本当の人材育成は現場で培われるところが大きいと考えています。

一方で、現場での人材育成にも限界があります。
上司が指導していても、指導を受ける側にはある種のなれが生じ、なかなか指導を真に受けることもできなくなります。

その馴れ合いの部分を研修で気づかせ、現場での育成につながることができると研修の意味合いも変わってくるのではないでしょうか。

では、自発的に学ぼうとせず、成長意欲も乏しい人をいかに底上げするのかということですが、研修での学びを実践できている人なのか、

また実践できないならば何が原因なのかについて、人事部と現場の上司との間で育成課題が共有できるということが重要なのだと思います。

手前味噌ですが、当社のhabi+Do!プラクティスというサービスで、問題解決に貢献できます。

最近、ますます自信が出てきちゃいました。

 

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

エンゲージメントツールHabi*doHabi*do資料ダウンロード:エンゲージメントを高める仕組みと背景

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る