STAFF BLOG

鏡を見ながら食べると、不健康な食べ物が不味くなる研究結果。

鏡を見ながら食べると、不健康な食べ物が不味くなる研究結果

不健康だとわかっているけど...つい

ファーストフードや添加物がたくさん含まれる加工食品など、
不健康だとわかっていてもついつい食べたくなる時ってありますよね。
誘惑に勝つのは大変なものです。

今回はそんな誘惑に襲われにくくなるための方法をお伝えします。

食卓に鏡を置くだけで食生活が改善!

セントラルフロリダ大学のJami, Ata氏の研究では、185人の学生に対して、鏡のある部屋とない部屋に分かれ、それぞれチョコレートケーキとフルーツサラダを食べて味を評価してもらうという実験を行いました。

実験の結果、フルーツサラダを食べた学生は、鏡のある部屋とない部屋で味の評価に違いが無かったのに対して、チョコレートケーキでは、鏡のある部屋で食べた学生は鏡のない部屋で食べた学生よりおいしくないと評価しました。

Jami, At氏は、食事をする人は鏡に映る姿から、自分を客観的に見ることができ、健康的な食べ物と不健康な食べ物を選択するような場面においても、自分自身で判断する助けとなると述べています。

鏡によって、人々がその判断が正しい選択であるかどうか、比較しやすくなったということです。

確かに不健康な食事をしている自分の姿を見るのはいい気持ちがしませんよね。人の深層心理を上手く利用した方法です!食生活を改善したいという人は、鏡を置いてみてはどうでしょう!?

参照:http://foodpsychology.cornell.edu/JACR/Healthy_Reflections

関連記事

ページ上部へ戻る