骨のこと考えるの、疎かになってない? | Be & Do Inc.

ブログ

骨のこと考えるの、疎かになってない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
頭蓋骨の骨粗しょう症が顔の印象に関わる?

頭蓋骨の骨粗しょう症が顔の印象に関わる?

女性では60代で10人に1人、70代で4人に1人、80代以上になると何と約半数が骨粗しょう症と診断されており、その数は今や約1300万人とも言われます。一見すると高齢者だけの症状のように思われがちですが、実は誰もがその“予備軍”といっても過言ではありません。引用元:未来の元気のために! 今、知っておくべき骨の真実。 | 太陽笑顔fufufu..net.

はじめて知ったのですけれど、「頭蓋骨の老化がシワやたるみの原因に」なるそうです。もちろん、加齢に伴う肌の保湿力低下や、コラーゲンの減少が、顔の印象に作用していることはよく言われる話ですが、頭蓋骨の骨量や骨密度の低下により、頭蓋骨が重力に引っ張られる?かたちで、下方向に崩れるとか。

原因として考えられているのが、「骨粗しょう症」。特に男性より女性に多くなりやすい症状です。ホルモンバランスの変化などが影響していて、100%避けることはできないもの!(なんと!)

でも対策が無いわけではないようです。

カルシウムは必要ですが、そればかりだとだめ。大事なのは骨の質「骨質」らしい。それは何かというと、強く健康的な骨の条件を満たしていると、「しなやさ」が骨に生まれるということ。カルシウムは骨密度を高め、硬くしますが、それだけだと強い衝撃を受けるとポキっとなっちゃいます。

骨質を高めるためには、コラーゲンが重要。なんと骨の50%はコラーゲンでできているんだって。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですけれど、生活習慣が乱れていると、老化の原因とされる「酸化」や「糖化」を引き起こすので、そのコラーゲンを劣化されてしまう。(骨だけじゃなく、やっぱりお肌にも悪い!)健康的に若々しく活動するためには、やっぱり早い段階から生活習慣を意識した方が良いですね。

危険度チェック

  1. 乳製品や魚をあまり食べない
  2. 炭水化物から食べてしまう
  3. 喫煙している
  4. アルコールを1日に500ml以上飲む
  5. 仕事や日常にストレスを感じる
  6. 過激なダイエットを頻繁に実施
  7. 年齢は45歳以上
  8. 階段よりエスカレーター優先…
  9. 運動はめったにしない
  10. 女性で母親が大腿骨頸部骨折をした/親類に腰の曲がった人がいる

5つ以上あてはまると要注意とのこと。

対策はいろいろとありますが、シンプルにまとめると、

  1. 適度な運動(10分程度の軽い運動、負荷)
  2. バランスのとれた食生活
  3. 睡眠をしっかりとり、ストレス対策

を心掛けたいですね!!

「強く」「しなやか」なかっこいい大人を目指したい!と、気持ち新たになりました☆

Be&Do inc.
Motivational Technology(MotiTech)で人や組織のイキイキを支援する。 私たちは「モチベーション」を高めるテクノロジーを研究・開発・提供しています!

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

Be&Do inc.
Be&Do inc.
Motivational Technology(MotiTech)で人や組織のイキイキを支援する。 私たちは「モチベーション」を高めるテクノロジーを研究・開発・提供しています!

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る