STAFF BLOG

余暇に楽しむ身体活動により寿命が4.5年長くなる?

余暇に楽しむ運動は寿命を5年延ばす?

余暇に楽しむ適度な運動で健康寿命が長くなる?

余暇に身体活動(スポーツや、その他積極的に身体を動かす遊びなど)を楽しんでいる人は、平均寿命が4年~5年延びているという研究が、アメリカ国立衛生研究所の研究チームにより発表されていました。それは比較的に強度が低い活動(つまり軽い運動)であっても、影響があるそうです。ガンのリスクに関する調査で、650,000人を超える40歳以上の成人が対象としたデータをもとに検証された模様です。

ではどれくらいの活動をすれば良いのかというと、

  • 毎週2.5時間程度の適度な有酸素運動を行う(運動をしながら話をすることができる程度)
  • または1時間強の活発な運動を行う(呼吸で乱れずに、短い言葉を交わすことができる程度)

とのことです。

こうした余暇に行う定期的な運動は、体重が多いグループでも、標準体重のグループでも共通して、長寿にとって重要だということを明らかにしています。身体活動は健康的な体重量を維持し、健康な骨格、筋肉およびを維持し、精神的に満足な状態を促進し、いくつかの癌を含むあらゆる疾病のリスクを低減するということです。

年齢を重ねても健康的に若々しくアクティブに過ごすには、日頃の日常生活の中で身体を動かす習慣や、週末などの余暇に楽しむ適度な運動が、体力面や免疫力、肥満防止をはじめとしたカラダのメンテナンスとしても、とても重要なことが明確になった研究ですね!

 

NIH Study Finds Leisure-time Physical Activity Extends Life Expectancy As Much As 4.5 Years

引用元: NIH Study Finds Leisure-time Physical Activity Extends Life Expectancy As Much As 4.5 Years | Highlight HEALTH.

関連記事

書いたひと

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがライフワーク。人材育成型の目標達成支援ツール「Habi*do」の企画設計、マーケティング活動に従事しています。楽しみなくして得るものなし!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 藤井雄吾
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ
働く人のイキイキを実現するWellbeingマネジメントシステム

最近の記事

ページ上部へ戻る