健康経営は組織開発プロジェクト!~「HHHの会」ワークショップより | Be & Do Inc.

ブログ

健康経営は組織開発プロジェクト!~「HHHの会」ワークショップより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スタッフ舞田です。やっとレポートが完成したので(レポートはこちら)、7月29日に実施したHHHの会のワークショップの様子をご紹介したいと思います。

HHHの会は、昨今大きな注目を浴びている「健康経営」を、経営視点から考えるという実験的な取組みに賛同された企業の会で、Be&Doが事務局を担当しています(会の詳細は、こちらを参照ください)。第1回、第2回の様子はこちらのレポートをどうぞ。

第3回となる今回は、ちょうど参画企業各社が、健康経営施策として「健康100日プロジェクト」をスタートさせた直後のタイミング。座長、副座長がファシリテートしながら、導入担当者ならではの本音を共有する議論へと発展しました。詳細についてはレポートに譲るとして、各社の「健康100日プロジェクト」導入をお手伝いするという役得を享受した私の雑感を、ここで共有させていただきたいと思います。

HHHの会、第三回ワークショップの様子

前回(4月)のワークショップ終了後より、各社それぞれに「健康100日プロジェクト」を社内に導入する準備を始めていただいたのですが、スタートまでの道のりは各社各様!一様に「健康経営」そのものには賛成!であっても、いざ社内に導入するとなると、「誰がやる?」「誰を対象にする?」「誰を巻き込む?」「役員の理解をどう引き出そうか?」「自社での位置づけをどうするか?」「どうやって従業員に目的を理解してもらおう?」「反対の声があがったらどうしよう?」「従業員の不満が噴出するきっかけになったらどうしよう?」などなどなど・・・。

”健康”というテーマを使ってはいるものの、まさに組織開発プロジェクト!新しい取組みを社内に展開するのは一筋縄ではいかない…と、頭を抱えられる担当者が多いことに改めて気づかされました。

一方で、そうした数々の課題を乗り越えて、当初想定されていた以上の社内の賛同を得て、大きな取組みに発展していかれた企業様もあり、担当者一個人の熱意が組織を動かすのだということも同時に実感したのです。

HHHの会で講演くださるフジクラの浅野さん

今回のワークショップ後半で、株式会社フジクラの浅野様がご講演くださった中でも、特に印象的だったのはこの部分。(ご講演での別の気づきは、こちらでもご紹介しました)。まだまだ「健康経営」という言葉自体が社会的にも認知のなかった2009年に産声をあげた取組みを、立ちはだかる幾多の壁を乗り越えながら全社を巻き込んだ取組みに育ててこられた浅野様の熱意。

ご講演内容はもちろんのことですが、もしかすると、HHHの会の皆さんに一番勇気と希望を与えられたのはこの熱意そのものではなかったかと思うのです。いかに周りを巻き込み、トップを巻き込み、現場を巻き込み、反対勢力をも惹き込んでいくか。組織開発というと、随分ハードルが上がるように感じますが、全ては一人の担当者の熱意から始まるのかもしれません。そんなことを感じたワークショップでした。

舞田美和
Be&Doプランナー/ ”ひとり一人の凸凹を活かし、チームでチカラを最大化できる仕掛け”をご提案しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

関連記事

この記事を書いたメンバー

舞田美和
舞田美和
Be&Doプランナー/ ”ひとり一人の凸凹を活かし、チームでチカラを最大化できる仕掛け”をご提案しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 俣野八重
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る