ブログ | Be & Do Inc.

Become active! Be&Doブログ

ブログ

  1. MrkeZineDay2017Kansaiでの様子

    MarkeZineDay2017Kansaiにて弊社橋本が登壇いたしました。

    今回Markezine2017にて登壇者の方々からデジタルマーケティングの必要性、多岐にわたるチャネルや顧客との接点・・・ 今までのマーケティングとは変わってきていることを改めて実感させていただきました。 こういった時代のマーケティングをどう楽しめるか、変化にどう対応できるか。そういった組織作りがより重要になる、と感じる一日でした。

    続きを読む
  2. HR EXPO 出展してまいりました!

    11月15日~17日の3日間、インテックス大阪で開催されたHR EXPOに「Habi*do」出展してまいりました。「なるほど、これはいいね!」「早速使ってみたい!」「お困りのお客様にご紹介したい!」という嬉しいお声をたくさんお寄せいただきました。

    続きを読む
  3. 在宅

    テレワークのメリット・デメリットから想う ~組織開発の重要性~

    日本ではテレワークの普及促進に向け、2020年までに、「テレワーク導入企業を2012年度比で3倍」、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上」とする政府目標を設定。 現状をデータでみながら、実際にテレワークをしながら見えてきた課題、組織やチームの在り方について述べています。

    続きを読む
  4. 健康経営のホントのところ

    【セミナー開催レポート】「健康経営」を始めるポイントと成果“ホントのところ”セミナー~実践企業による「ここだけの話」~

    健康経営の実践・導入・検討のご担当者様を対象に、ざっくばらんに”ホンネ”が話せる場として企画したセミナーの開催報告です。みなさん熱心にご参加くださり、テーブルごとにお名刺交換をしていただいたり、セミナー後の交流会でも活発な情報交換の輪が広がっていました!

    続きを読む
  5. フクロウ

    働き方改革・健康経営は管理することではない!~アニマルカフェの実態から感じた企業の在り方~

    働き方改革や健康経営が目につくようになり、各企業担当者は、なにかしなければ!と、働き方改革の取り組みを検討している企業も多いと聞きます。”でも何から取り組めばいい?”と、頭を悩ませている担当者も多いのも事実。アニマルカフェの実態!?こんなところにもヒントがあるかもしれません。

    続きを読む
  6. 自律型組織づくりしないと!

    VUCAの時代に求められる自律型組織~今、現場が強くなるべき!

    強力なリーダーシップをトップがとることよりも、ひとりひとりが得意分野でリーダーシップを発揮する必要性。あなたのチームはどれだけ主体的に自律的に動けるメンバーがいますか?

    続きを読む
  7. ちょっとむっとしているPC前の女性

    間違った働き方改革と業務効率化が生む弊害~エンゲージメント損失していませんか?

    「仕事でITツールを使いながら効率化しているのに、一所懸命に働いているのに、なぜか残業がなくならない!」「残業禁止や効率化はされた気がするけれど、職場がなんだかギスギスする!」そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか。本来の働き方改革と程遠い状態が職場で起こってはいませんか?

    続きを読む
  8. ウェルビーング経営とは?

    「健康増進」だけじゃダメ?従業員のやる気につなげる「健康経営」

    「HHHの会」での取り組みを、副座長として当会を主導してくださった武蔵大学 森永雄太准教授が、「日本の人事部」のインタビューでお話しくださっています。 森永先生のこの一言に深く頷く人は多いのではないでしょうか。”「健康になろう」というメッセージに賛成する人は多いけれど、実際に現場へ浸透させ、継続していくことは難しい。”

    続きを読む
  9. レジの無人化、AI、オートメーション化~新たな組織・チームの在り方の重要性~

    ロボット、AI、オートメーション化。 パソコン、スマートフォンやタブレットでの買い物はより便利に、新たな形を楽しめるようになりました。 組織・チームにおいても新たな形が必要となっています。

    続きを読む
  10. 心理的安全性は、全然甘くない。

    「言われて傷ついたというか…モヤッとしてることがあるんです。」意を決した様子で、あるチームメンバーの一人に言われました。一見ネガティブに見えるものも安心してさらけ出せる関係、それが「心理的安全性」のあるチームなのだと、改めて思った瞬間でした。

    続きを読む
ページ上部へ戻る