【お知らせ】大阪学院大学後期開講「キャリアデザインⅢ」(業界研究)において Habi*do(ハビドゥ)を利用 | Be & Do Inc.

お知らせ

【お知らせ】大阪学院大学後期開講「キャリアデザインⅢ」(業界研究)において Habi*do(ハビドゥ)を利用

大阪学院大学後期開講「キャリアデザインⅢ」(業界研究)において、これからの時代の働き方をテーマにしたPBL(Problem-Based-Learning/問題発見解決型学習)を実施します。学生が当社サービスのwebアプリHabi*do(ハビドゥ)を利用し、2018年12月17日(月)の課題解決発表イベントに向け、2018年11月12日(月)より取り組みを開始します。課題提示をする講師は株式会社Be&Do(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:石見一女)の取締役岡本映一が務めます。
本講座ではHabi*do(ハビドゥ)を利用し、働くことを考えるアクティブラーニングに挑みます。学生が主体的に学習し、講師は課題に関する知識等を教示せず、学生による課題解決過程を見守ります。PBL学習法によって、自己実現を計画的に支援するHabi*do(ハビドゥ)の効果の解明に挑戦します。

■大阪学院大学「キャリアデザインⅢ」(業界研究)実施内容

課題:働き方改革

課題提供イベント:2018年11月12日(月)
取り組み期間:2018年11月12日(月)~2018年12月17日(月)
課題解決発表イベント:2018年12月17日(月)
講師:株式会社Be&Do 取締役 岡本映一

ページ上部へ戻る