協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功! | Be & Do Inc.

協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

関西大学商学部准教授(現滋賀大学経済学部准教授)
小野善生様

プロジェクト内容

共通のテーマに沿って経営戦略論や組織論の観点からグループで企業研究を行い、その成果をプレゼンテーションして競い合う。

利用人数

39名、3ゼミ6チーム(教員含む)

利用目的

学生のジェネリックスキル修得・PJ運営・指導法開発

課題

  • 3大学ゼミ生の外部アセスメントの実施結果から、計画に沿って行動し必要に応じて修正や調整を行う「実践力」が、学生の能力開発課題であると共通認識。
  • 昨年度までの取組状況から、プロジェクト期間中の情報共有の効率化、学生のモチベーション維持に課題。

運用方法

大学合同のプレゼン発表会・審査会に向けて、約6名ずつ(各ゼミ2チームずつ)に分かれて約3ヶ月間、プロジェクトを進行。

利用事例:3大学合同ゼミ

▼ こちらでも紹介しています!
3大学合同ゼミ報告

大学合同のプレゼン発表会の様子

 

成果

  • 利用学生の約90%が、プロジェクトチーム運営に有効だったと回答!
  • 利用学生の約80%が、行動実践の習慣化・意識化に役立ったと実感!
  • LINE世代の学生でも、情報共有・情報発信においてはhabi+Do!の使いやすさに納得

(※事後アンケート結果より)

▼ゼミ教員のコメント
振り返りのセッションを実施しました。メンバーの振り返りの議論および態度をみると、今回の経験は大いに学びになっていると実感しています。(外部アセスメントによる事後評価は後日実施予定)
▼学生のコメント(一部抜粋)
集まっていなくても、仲間意識を感じることができた。/モチベーションを下げることなく最後まで投げ出さずに頑張れた。/気が付いたら自然と習慣化されていた。/努力の大切さを改めて思い知ることができた。プロジェクトを進めるにあたってとても有効なツール/「情報を共有しよう」「発信しよう」という意識が高まった

 

 

関連のSpecial

  1. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  2. 研修効果の定着化と、顧客課題の明確化を実現!

    営業力向上・マネジメント力向上を中心とした豊富な研修コースと、成果にこだわった人材開発提案に定評のあるラーニング・マスターズ株式会社様に、研修効果定着化を目指したhabi+Do!のご導入事例についてお話を伺いました。

  3. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  4. メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  5. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  6. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

ページ上部へ戻る