健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

赤田善株式会社
代表取締役社長 赤田真朗様

赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。健康100日プロジェクトの実施をきっかけに、社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果が出ています。

自発的な行動促進と、健康改善効果

自発的な任意のグループを作成。健康経営のプラットフォームとして継続利用

従業員50名程度の中小企業における健康経営の実践として参考にしていただける事例です。

インフォーマルな場の提供という方法をとっていますが、従業員どうしが主体的に取り組む状況を生んでおり、会社や仲間に対するエンゲージメント向上が見られます。

事例詳細はこちら

関連商品

  1. メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  2. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  3. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  4. 社内コミュニケーション活性化を実感、96%

    アンケートでは、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康改善以外にも、96%がコミュニケーションがUPしたと回答!

  5. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  6. 多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!

    三井住友ファイナンス&リースさまでは、多拠点間での事務改善のプロジェクト推進にHabi*doを活用。事務改善の小集団活動を実施しました。

ページ上部へ戻る