健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。 | Be & Do Inc.

健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

赤田善株式会社
代表取締役社長 赤田真朗様

赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。健康100日プロジェクトの実施をきっかけに、社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果が出ています。

自発的な行動促進と、健康改善効果

自発的な任意のグループを作成。健康経営のプラットフォームとして継続利用

従業員50名程度の中小企業における健康経営の実践として参考にしていただける事例です。

インフォーマルな場の提供という方法をとっていますが、従業員どうしが主体的に取り組む状況を生んでおり、会社や仲間に対するエンゲージメント向上が見られます。

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  2. メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  3. 研修効果の定着化と、顧客課題の明確化を実現!

    営業力向上・マネジメント力向上を中心とした豊富な研修コースと、成果にこだわった人材開発提案に定評のあるラーニング・マスターズ株式会社様に、研修効果定着化を目指したhabi+Do!のご導入事例についてお話を伺いました。

  4. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  5. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  6. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

ページ上部へ戻る