95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。 | Be & Do Inc.

95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

コスモスイニシアグループ健康保険組合は、コスモスイニシアグループの事業所が加入する健康保険組合です。

同組合は、「今の健康が、未来の健康につながっている」という視点を保険事業の軸にしています。健康に気をつけなければいけない人たちだけでなく、「今健康な人たちにも、健康を意識してもらいたい」と考えていらっしゃいます。

今回は、同健保の澤田様と、Hab*doの販売パートナーである株式会社JTBベネフィットの営業担当の茂木さんにご同席の上、お話をお伺いしました。

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  2. 67%がコミュニケーション活性化を実感!組織面、健康面で成果。

    ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。

  3. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

  4. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  5. 社内コミュニケーション活性化を実感、96%

    アンケートでは、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康改善以外にも、96%がコミュニケーションがUPしたと回答!

  6. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

ページ上部へ戻る