社内コミュニケーション活性化を実感、96% | Be & Do Inc.

社内コミュニケーション活性化を実感、96%

JTBグループの福利厚生サービス提供するJTBベネフィット様にて「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を目的に健康増進活動を実施。
終了後にアンケートを行ったところ、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康的な改善以外にも、96%の参加者がコミュニケーション面での良かった点があるとの回答がありました!

【調査期間】 2016年12月
【調査対象】 2016年8月1日在籍の役員、社員、出向社員、契約社員
【調査人数】 198名

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  2. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  3. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  4. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  5. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  6. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

ページ上部へ戻る