「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を達成!!(JTBベネフィット様ユーザーアンケート結果) | Be & Do Inc.

「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を達成!!(JTBベネフィット様ユーザーアンケート結果)

JTBグループの福利厚生サービス提供するJTBベネフィット様にて「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を目的に健康増進活動を実施。
終了後にアンケートを行ったところ、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康的な改善以外にも、96%の参加者がコミュニケーション面での良かった点があるとの回答がありました!

【調査期間】 2016年12月
【調査対象】 2016年8月1日在籍の役員、社員、出向社員、契約社員
【調査人数】 198名
健康活動を通して、期待以上の結果が得られたようです!
詳細を確認する

関連のSpecial

  1. 多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!女性事務社員がリーダーシップ発揮など成果。

    三井住友ファイナンス&リースさまでは、多拠点間での事務改善のプロジェクト推進にHabi*doを活用。事務改善の小集団活動を実施しました。

  2. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!全従業員を巻き込んだ取組から見えた成果と課題とは?

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

  3. 健康経営推進のためにHabi*doを導入!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  4. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは?

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  5. 研修効果の定着化と、顧客課題の明確化を実現!

    営業力向上・マネジメント力向上を中心とした豊富な研修コースと、成果にこだわった人材開発提案に定評のあるラーニング・マスターズ株式会社様に、研修効果定着化を目指したhabi+Do!のご導入事例についてお話を伺いました。

  6. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

ページ上部へ戻る