社内コミュニケーション活性化を実感、96% | Be & Do Inc.

社内コミュニケーション活性化を実感、96%

JTBグループの福利厚生サービス提供するJTBベネフィット様にて「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を目的に健康増進活動を実施。
終了後にアンケートを行ったところ、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康的な改善以外にも、96%の参加者がコミュニケーション面での良かった点があるとの回答がありました!

【調査期間】 2016年12月
【調査対象】 2016年8月1日在籍の役員、社員、出向社員、契約社員
【調査人数】 198名

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 67%がコミュニケーション活性化を実感!組織面、健康面で成果。

    ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。

  2. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  3. 健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  4. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  5. 研修効果の定着化と、顧客課題の明確化を実現!

    営業力向上・マネジメント力向上を中心とした豊富な研修コースと、成果にこだわった人材開発提案に定評のあるラーニング・マスターズ株式会社様に、研修効果定着化を目指したhabi+Do!のご導入事例についてお話を伺いました。

  6. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

ページ上部へ戻る