健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。 | Be & Do Inc.

健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

現在、日本の地方都市が共通して直面している、人口減少、少子高齢化などの課題。とくに東日本大震災後、東北でそれらが一気に表面化しました。その中で、女川町は2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを展開しはじめます。東日本大震災の復興支援に取り組んでいたロート製薬株式会社は、活動を進めるなかで、そんな女川町の現状を知ることになりました。

同社が着目した女川町の大きな課題、それは「住民の健康」でした。住民のメタボ率や、こどもたちの小児生活習慣病リスクが高く、住民1人当たりの医療費が上がっているにもかかわらず、健康診断や医療機関の指導を受ける習慣があまりありませんでした。

そうした状況を変えるため、2016年6月に女川町と、特定非営利活動法人アスヘノキボウ、そして同社の3者が手をたずさえ「健康な町、女川町」を目指した連携協定を結びました。こうして町の未来づくりのために、住民の健康を促進する活動がはじまりました。

その一環として、Habi*doを使った健康づくり推進プロジェクト「健康100日プロジェクト」はスタートしました。住民は、「健康な町、女川町」に向けて、個人の目標とチームの目標を決め、100日をかけて自らが健康になるための取り組みを行い、一緒に楽しく健康づくりに取り組んでいます。

今回、この活動を推進してきたロート製薬株式会社の広報・CSV推進部 阿部真さんにお話を伺いました。

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  2. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  3. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  4. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  5. 月間売上が対前年比107%に!承認による底上げ効果とは。

    半年で、月間売上が対前年比100%超え!その秘訣とは?

  6. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

ページ上部へ戻る