,

残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

永伸商事株式会社
ソフトドリンク事業部 営業推進部
部長 西藤様

健康100日プロジェクトの様子について、永伸商事の西藤部長にインタビュー。永伸商事様では、まず約20名のメンバーが当プロジェクトに参加し、3つのチームで100日間、活動に取り組まれました。現在、社内にその活動を広げていく試みを始めたところ。

このプロジェクトを通じて、前後で実施した血液検査によると、生活習慣病に関連する数値に改善が見られたとか。

実際のところを、あれこれウェルビネスタッフの橋本がうかがいました。

成果(職場に起こった変化について)
  • 残業が少なくなった。
  • ポジティブな健康に関する話題が職場に非常に増えた。

事例詳細はこちら

関連商品

  1. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  2. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  3. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  4. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  5. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

  6. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

ページ上部へ戻る