「健康経営」を始めるポイントと成果"ホントのところ"セミナー~実践企業による「ここだけの話」~ | Be & Do Inc.

「健康経営」を始めるポイントと成果“ホントのところ”セミナー~実践企業による「ここだけの話」~

人材不足や人材定着が企業の大きな課題となりつつある昨今、採用強化や従業員の生産性向上において、どんな企業も無視できない施策となっているのが「健康経営」。
でも実際には「何から始めたらいいのかわからない」「健康管理と何が違うの?」「他社がどんなことをやっているのか知りたい」「成果は出るの?」そんな声が聞こえてきます。
そこで、健康経営を経営視点で15社が取り組んだ実証プロジェクト(HHHの会)から得た、驚きの成果と、健康経営を実践している企業様による“ホンネ”を共有し「ここだけの話」ができるセミナーを開催します。ぜひご参加ください。

セミナーについて

  1. プログラム内容
  2. 開催概要
  3. 参加のお申込み

プログラム内容(予定)

      1. ‟健康経営を経営視点から考える”をコンセプトに活動した「HHHの会」。プロジェクトで明らかになった「健康経営」の本当の価値とは?
      2. 「HHHの会」参画企業(ロート製薬株式会社、株式会社JTBベネフィット 他)の健康経営の実践と、その成果を本音でご紹介
      3. 「HHHの会」他、厚労省の事業にも採択された「健康100日プロジェクト」とは?~多くの企業で導入されているのはワケがある!事例と成果、効果的な運用をご紹介~
      4. 「ここだけの話」情報交換ワークショップ
      5. 交流会(軽食・飲料をご用意いたします)
    HHHの会とは
    カルビー、ルネサンス、ロート製薬の3社が発起人となって2016年に発足した「HHH(スリーエイチ)の会」。
    「HHHの会」ではチームで取り組む健康経営施策である弊社Habi*doのコンテンツの1つである「健康100日プロジェクト」を実施。従業員の意識や行動にどのような変化が現れるのかを調査いたしました。

    ※プログラムの内容は変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

開催概要

開催日時
10月24日(火)
受付開始時間:13時~
セミナー時間:13時30分~16時30分
交流会:16時30分~17時30分

会場
ロート製薬株式会社 東京支社
〒105-0022 東京都港区海岸1丁目2番20号
汐留ビルディング20階
GoogleMapはこちら

参加費
1,000円(税込)
※交流会費を含みます。受付時にお支払ください。

対象
健康経営に関心のある法人 経営者および実務担当者様
(自社の健康経営導入や推進を実践している方、これから実践したいと思われている方)

定員
40名(応募者多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。)

※多数のご応募ありがとうございました。

関連のSpecial

  1. 【東京】従業員の本気を引き出すワーク・エンゲージメント戦略

    人材をいかに採用し、定着させ、戦力化していくか!講師に武蔵大学経済学部経営学科准教授森永先生をお招きし、人事・総務の皆様に課題解決の鍵と具体策をご提案。株式会社JTBベネフィットさま主催のセミナーです。

  2. 【東京/大阪】クラウドで始める健康経営&ストレスチェック入門セミナー

    株式会社チームスピリット様との共催セミナー「クラウドで始める健康経営&ストレスチェック入門セミナー」を東京(11月18日)、大阪(11月20日)で開催いたします。

  3. 【大阪11/2】世界市場を席巻するHRテクノロジーの最新動向~LeBAC関西WG~

    2016年11月2日にHRテクノロジー関西セミナーが大阪にて開催されます!ぜひご参加ください!

  4. 従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラム

    当社Be&Doが事務局を務める“従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラム”が、5月28日(日)に神戸大学六甲台第1キャンパスにて開催されます。

  5. 【東京】離職率60%が0(ゼロ)に!?従業員の定着化に必須のエンゲージメントの高め方

    東京でも開催!国をあげての「働き方改革」が推進中!企業にとっても従業員にとってもwinwinな関係をHabi*doが提案します!

  6. 生産性向上と真の働き方改革とは~LeBAC関西WGセミナー【モチベーション×Tech】

    クリエイティビティ・マネジメント/組織行動論/人的資源管理論を専門とする大阪大学経済学研究科より開本教授による基調講演「モチベーション・マネジメントを超えて」に始まり、産官学それぞれの立場と視点によるパネルディスカッション、ご注目ください。

ページ上部へ戻る