導入1か月でチームメンバーに協働関係が生まれ、チームが自走を始めた。 | Be & Do Inc.

導入1か月でチームメンバーに協働関係が生まれ、チームが自走を始めた。

株式会社ヒューマンサイエンス
教育ソリューション部 コンサルティングユニット
ユニット長 寒河江知康 様

自己完結型の仕事の仕方がこれまで一般的だった職場に、助け合い・支援しあう協働関係が生まれました。チームが自律的に機能しはじめ、マネージャーとしての負担が軽減されました。

「業務のタスク共有し、支援しあう場としてメンバーが認識しているので情報やナレッジが集約しやすい」、「管理者が遠隔地からでも関与しやすい」のメリットも実感。

Habi*doを使うことでチームに協働が生まれた

マネージャーの課題は山ほどあり、特殊なことも多いですが、Habi*doはそのマネージャーの課題の重要なひとつは確実に解決しうるツールだと思います。
―株式会社ヒューマンサイエンス 寒河江さま

インタビュー動画、詳細はこちらをご覧ください。

関連のSpecial

  1. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは?

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  2. A社のメタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  3. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!~コラボヘルスの実現、そして健康経営へ~

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  4. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  5. 健康経営推進のためにHabi*doを導入!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  6. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

ページ上部へ戻る