67%がコミュニケーション活性化を実感!組織面、健康面で成果。

ロート製薬株式会社
人事総務部 部長 綾井博之様
オールウェル計画推進室 室長 中西澄子様

ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。これは会長から工場、営業部課員に至るまで全社1,600名を対象とした取り組みで、職場間を横断したチームを組み、個人、チームがそれぞれに社員自ら目標を立て競い合い、優秀な成績を収めれば表彰するという「+1(プラスワン)グランプリ」というものです。

健康増進効果のみならず、職場間のコミュニケーション促進につながりました。

事例詳細はこちら

関連商品

  1. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  2. 健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  3. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

  4. メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  5. 社内コミュニケーション活性化を実感、96%

    アンケートでは、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康改善以外にも、96%がコミュニケーションがUPしたと回答!

  6. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

ページ上部へ戻る