健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果! | Be & Do Inc.

健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

SGホールディングス株式会社
人材開発・ダイバーシティ推進ユニット
シニアマネジャー 山根加寿恵様

SGホールディングスさまでは、従業員の健康意識を高めるきっかけづくりと、同じフロアで働く事業会社である佐川急便東京本社との間のコミュニケーションを促進するという目的をもって「健康100日プロジェクト」に取り組まれました。経営陣、人事担当者、健保組合の保健スタッフ、現場のスタッフがしっかりとタッグを組み、活動をはじめた良事例です。

参加した従業員の健康維持増進の成果だけではなく、組織のコミュニケーション活性化につながっています。

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  2. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  3. 多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!

    三井住友ファイナンス&リースさまでは、多拠点間での事務改善のプロジェクト推進にHabi*doを活用。事務改善の小集団活動を実施しました。

  4. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  5. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

  6. 社内コミュニケーション活性化を実感、96%

    アンケートでは、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康改善以外にも、96%がコミュニケーションがUPしたと回答!

ページ上部へ戻る