多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進! | Be & Do Inc.

多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!

三井住友ファイナンス&リース株式会社
事務企画部
部長代理 佐伯祥子様
増尾直子様

多拠点で展開する事務改善プロジェクトをHabi*doで推進!
忙しい仕事のなかでも、メンバー同士が楽しみながら活動を共有し、女性事務社員のリーダーシップ発揮を実現。

SMFL様の運用イメージ

課題:

1.改善活動の推進には、他拠点との情報共有や事務局側での進捗管理が重要だが、地方拠点を対象としたプロジェクトでは難しい。
2.忙しい仕事の中でプロジェクトを推進するため、どうしても「業務が増える」といった負担感を与えがちになる。
3.地方拠点では、情報共有の場がなく、孤立感を抱えがち。

矢印

成果

1.目標や行動の見える化で、互いに切磋琢磨して積極的な意見交換や議論が活性化。
2.グループごとの活動を通して、従来発揮する機会のなかったリーダーシップ力を引き出すことに成功。
3.事務局がタイムリーに活動の進捗を把握することで、多拠点に散らばるメンバーを的確に支援し、スムーズな運営を実現。

 

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現

    コールセンターを多拠点運営されている株式会社TMJ様(ベネッセグループ)では、早期戦力化と定着化に向けた取り組みとして行動支援ツールhabi+DO!を活用した研修後フォローとOJT支援を行っています。

  2. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  3. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  4. 営業1人あたりの新規案件獲得数が125%に!

    訪問鍼灸マッサージの事業を展開する株式会社アイリス様。短期間で営業組織の底上げ、成果UPに成功しました。Habi*do導入前後の変化についてインタビューしました。

  5. 健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  6. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

ページ上部へ戻る