多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進! | Be & Do Inc.

多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!

三井住友ファイナンス&リース株式会社
事務企画部
部長代理 佐伯祥子様
増尾直子様

多拠点で展開する事務改善プロジェクトをHabi*doで推進!
忙しい仕事のなかでも、メンバー同士が楽しみながら活動を共有し、女性事務社員のリーダーシップ発揮を実現。

SMFL様の運用イメージ

課題:

1.改善活動の推進には、他拠点との情報共有や事務局側での進捗管理が重要だが、地方拠点を対象としたプロジェクトでは難しい。
2.忙しい仕事の中でプロジェクトを推進するため、どうしても「業務が増える」といった負担感を与えがちになる。
3.地方拠点では、情報共有の場がなく、孤立感を抱えがち。

矢印

成果

1.目標や行動の見える化で、互いに切磋琢磨して積極的な意見交換や議論が活性化。
2.グループごとの活動を通して、従来発揮する機会のなかったリーダーシップ力を引き出すことに成功。
3.事務局がタイムリーに活動の進捗を把握することで、多拠点に散らばるメンバーを的確に支援し、スムーズな運営を実現。

 

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 営業1人あたりの新規案件獲得数が125%に!

    訪問鍼灸マッサージの事業を展開する株式会社アイリス様。短期間で営業組織の底上げ、成果UPに成功しました。Habi*do導入前後の変化についてインタビューしました。

  2. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  3. 67%がコミュニケーション活性化を実感!組織面、健康面で成果。

    ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。

  4. メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

  5. 健康活動の継続意志80%!地域の生活習慣改善に貢献した取り組み。

    2011年4月からいち早く、復興と未来を見据えた取り組みを開始した女川町。NPO法人アスヘノキボウとロート製薬の3者が連携して取り組んだ住民の健康プロジェクトとは?

  6. 健康経営推進!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

ページ上部へ戻る