メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功! | Be & Do Inc.

,

メタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

株式会社ティップネス
法人営業部
奥田雄司様

今回はコラボレーションによる法人様向けサービスを実施いただいた株式会社ティップネスの奥田雄司さんにインタビューを実施いたしました!

事例としてご紹介するのは、A社さまの「総合型従業員健康増進施策」として2014年3月~6月に実施されたプロジェクトです。

ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてご提供いただいているプログラム「ボディメイクチャレンジ100<ウェイトダウンコース>」をベースとした、健康増進プロジェクトを実施されました。

実際のところを、ウェルビネスタッフの橋本がうかがいました!

成果
  • プログラム期間中の平均歩数が、チャレンジ前と比較して平均で1320歩増加!
  • 検診結果が、前年同時期比で変化が明確に!
  • メタボリックシンドローム該当者率を、プロジェクト実施により減少に転じることに成功、目標の1%減を達成!

事例詳細はこちら

関連のSpecial

  1. 95%の参加者が健康習慣の継続のきっかけに。

    コスモスイニシアグループ健康保険組合様にて、「健康な人に健康を意識してもらう」というミッションで取り組まれたプロジェクトにてHabi*doをご利用いただきました。

  2. 月間売上が対前年比107%に!承認による底上げ効果とは。

    半年で、月間売上が対前年比100%超え!その秘訣とは?

  3. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

  4. 67%がコミュニケーション活性化を実感!組織面、健康面で成果。

    ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。

  5. アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!

    会社をあげた健康意識向上施策として、「健康100日プロジェクト」を実施。社員が健康になることで、結果として得られたものについてお伺いしました!

  6. 社内コミュニケーション活性化を実感、96%

    アンケートでは、半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康改善以外にも、96%がコミュニケーションがUPしたと回答!

ページ上部へ戻る