離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは? | Be & Do Inc.

離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは?

株式会社TMJ
事業推進本部 競争力開発部 TMJユニバーシティ
課長 野上真裕 様

同時期に採用したSV候補者を対象に、研修とOJTを組み合わせた育成プログラムを実施。本部のTMJユニバーシティのスタッフによる遠隔支援に加え、配属先のセンター長、OJT担当者が対面に加えてオンラインでも支援。また、研修の内容を活かしてOJTを実施。育成対象者は業務を実践しながら日報に加え、困ったことや、課題に思ったことを掲示板上に投稿し、それを人材育成部門の担当講師、拠点長、OJT担当者からフォローする方法をとられています。

▼成果

  • 異業種から入社して3ヶ月間でSV(スーパーバイザー)として管理者レベルに!
  • 育成対象者のマインドを高いレベルで維持することに成功!
  • 課題であった離職防止にも成功!育成対象者全員が定着化し、戦力化!(離職6割→ゼロ)

詳細な事例資料はこちらからダウンロード

関連のSpecial

  1. 全国のサロン(美容室)のフォローで活用、新たなマーケティング手法へ

    自社製品の販売先である美容室(サロン)の経営者のためのコミュニティサイト「7ちゃんねる」を、Habi*doを使って立ち上げ。727社が豊富に取り揃えた販売ノウハウや製品情報を学習コンテンツとして提供。互いに学び合い、交流し、質問をし合えるコミュニティとして運営されています。

  2. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  3. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  4. 導入1か月でチームメンバーに協働関係が生まれ、チームが自走を始めた。

    自己完結型の仕事の仕方がこれまで一般的だった職場に、助け合い・支援しあう協働関係が生まれました。チームが自律的に機能しはじめ、マネージャーとしての負担が軽減されました。

  5. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!~コラボヘルスの実現、そして健康経営へ~

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  6. 67%がコミュニケーション活性化に効果を感じた!全従業員を対象とした「健康100日プロジェクト」で組織面、健康面で成果。

    ロート製薬さまでは、社員が自発的に健康活動に取り組む風土づくりを目指した活動として、「健康増進100日プロジェクト」を1年間かけて実施されました。

ページ上部へ戻る