離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは? | Be & Do Inc.

離職率60%が0%に低減!早期戦力化と定着化を実現した育成プログラムとは?

同時期に採用したSV候補者を対象に、研修とOJTを組み合わせた育成プログラムを実施。本部のTMJユニバーシティのスタッフによる遠隔支援に加え、配属先のセンター長、OJT担当者が対面に加えてオンラインでも支援。また、研修の内容を活かしてOJTを実施。育成対象者は業務を実践しながら日報に加え、困ったことや、課題に思ったことを掲示板上に投稿し、それを人材育成部門の担当講師、拠点長、OJT担当者からフォローする方法をとられています。

▼成果

  • 異業種から入社して3ヶ月間でSV(スーパーバイザー)として管理者レベルに!
  • 育成対象者のマインドを高いレベルで維持することに成功!
  • 課題であった離職防止にも成功!育成対象者全員が定着化し、戦力化!(離職6割→ゼロ)

詳細な事例はインタビュー記事をご覧ください。

関連のSpecial

  1. 健康経営推進のためにHabi*doを導入!従業員の意識向上とコミュニケーション改善に成果。

    赤田善さまでは健康経営の実践のためにHabi*doを導入。社内に健康意識向上の風土を醸成するとともに、部門・拠点を超えたコミュニケーション改善に成果。エンゲージメント向上を実現。

  2. 多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!女性事務社員がリーダーシップ発揮など成果。

    三井住友ファイナンス&リースさまでは、多拠点間での事務改善のプロジェクト推進にHabi*doを活用。事務改善の小集団活動を実施しました。

  3. 残業が減り、健康の話題が増え、社員の志向に変化。

    健康100日プロジェクトに取り組まれた、永伸商事株式会社の西藤部長にインタビューを行いました。

  4. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!~コラボヘルスの実現、そして健康経営へ~

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  5. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

  6. A社のメタボリックシンドローム診断基準該当者の減少に成功!

    ウェルビネ「健康オンライン講座100日チャレンジ」にてプログラムをご提供いただいているティップネス様にインタビューを行いました。

ページ上部へ戻る