アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!全従業員を巻き込んだ取組から見えた成果と課題とは? | Be & Do Inc.

アンケート回答者の94%が健康活動の継続意志!全従業員を巻き込んだ取組から見えた成果と課題とは?

ヘルスケアテクノロジーのパイオニアとして、より高度で良質な医療を実現するための事業をグローバルに展開されているシーメンスヘルスケア株式会社様。

ヘルスケアの会社ということもあり、従業員が健康意識を高く持つ重要性がありつつも、会社としての施策を実施できていなかったところ、会社をあげた健康意識向上施策として、Habi*doを使った「健康100日プロジェクト」を実施くださいました!

社員が健康になることで、結果として得られたものは何だったのか。

事務局として、この一大プロジェクトを推進してくださった金子様と柴田様にお話を伺いました。

 

詳細を確認する

 

関連のSpecial

  1. 自発的な行動を促進!研修後の習慣化支援に効果を発揮

    受講者一人ひとりの自発的な行動、自律を目指すことをテーマにしたパフォーマンス向上トレーニングを実施されているEXE UPさま。複数の様々なツールを試したなかで、最も行動変容支援に効果を実感されたそうです。

  2. 月間売上が対前年比107%に!承認による底上げ効果とは。

    半年で、月間売上が対前年比100%超え!その秘訣とは?

  3. 多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!女性事務社員がリーダーシップ発揮など成果。

    三井住友ファイナンス&リースさまでは、多拠点間での事務改善のプロジェクト推進にHabi*doを活用。事務改善の小集団活動を実施しました。

  4. 部門間を横断的につなぎ、新しいイノベーションを生みたい!

    部門間を横断的につなぎ、新たなイノベーションを生むことを目的にHabi*doを導入。 部門数が増え、専門化が進んでいる組織間の部門連携を促進します。

  5. 健康数値87%が改善!組織開発面でも大きな成果!~コラボヘルスの実現、そして健康経営へ~

    SGホールディングスさまでは、経営・人事・保健スタッフが協力しあい「健康100日プロジェクト」に取り組み、従業員の健康意識向上と組織間のコミュニケーション活性化を実現。きっかけづくりに成功。

  6. 協働学習、課題解決型学習を効果的に進めることに成功!

    大学間競合プロジェクトを通じたジェネリックスキルの育成、3大学合同ゼミナールの取組みの事例をご紹介します!

ページ上部へ戻る