WWT実践型リーダーシッププログラム

WWT実践型リーダーシッププログラム

先の見えないVUCAの時代は、目的志向型の自律的な個の力が競争力の鍵です。

戦略よりも、柔軟な組織力・変革を進める人の力が競争優位を生み出します。組織の力に個人が依存する時代ではなく、自らの意思と感性で、自律的に挑戦、行動するリーダーシップの開発が重要になります。
日々の実践を通じて、経験から学びを共有し成長を促す実践型のプログラムをご用意いたしました。

このような課題はありませんか?

  • 正解のない時代に最適なリーダーシップを発揮できる人材が少ない。
  • 組織の目的に向かい主体的に行動できる人材を育てたい。
  • 変化に適応しながら成果を高める行動力を身に着けてほしい。
  • テレワークや多拠点など離れ離れで働く人材に自律的に動いてほしい。

このような人材課題は、一過性の研修や学習では身に着けることが難しく、ひとりひとりが実際の経験の中から得られる気づきやふりかえりが重要です。しかし現場での実務を通じた気づきや学びを自分自身の資産に変えていく内省を継続的に行うことができていない状況も多いと思います。

本実践型のリーダーシップ開発プログラムでは、実務での経験や学びを内省する機会を継続的に設けます。

期待される効果

  • ありのままの自分を理解し、弱みも含めて強みにかえるオーセンティック・リーダーシップを身につけることができる。
  • 組織に対して自らの役割、貢献を深く理解し、より挑戦的な取り組みを自発的に推進することができる。
  • メンバーと互いに学びあうことで成長実感と信頼関係を築くことができる。

ひとりひとりがイキイキとして業績UPが期待できます。心理的資本を高めることで、成果を高める行動が常にとれるようになる状態を目指します。

プログラムの実施イメージ

ワークショップ実施回数・実施期間・参加人数などによって設計いたします。ワークショップは、心理的資本を高めることを目的にした、参加者同士のディスカッションや発表などを行います。また、ふりかえりと、実践状況も重要な取り組みとなります。取り組み状況などデータに基づきながら、結果レポートを行います。

WWT実践型リーダーシッププログラム実施イメージ

プログラム実施イメージ

対象となる人材イメージ

  • 次世代の経営幹部や組織のリーダーとして育ってほしいと考えている人材
  • マインドセットを変えてほしいと考えている管理職や中堅社員といった人材
  • 成果にこだわり役割を自覚してリーダーシップ(や、フォローワーシップ)を発揮してほしいと考えている人材
  • もっとプロとして安定したモチベーションで、目標達成に向けて自発的に行動をしてほしいと考えている人材
  • 組織内で信頼が生まれ協働関係を築くことをリードしていけるように育ってほしい人材
  • 新たな価値を生み出すために発想し行動できる、組織としてイノベーション生めるようになってほしい人材

こうした人材を対象にマンツーマンによる継続的な1on1を行いながら心理的資本を高めリーダーシップ発揮を促すCareerGoals1on1(キャリアゴールズ)もございます。こちらも併せてご検討ください。

CareerGoals1on1

実施条件について

  • 対象人数:1ユニットあたり5名~20名程度(対象者、条件等はご相談ください。)
  • 期間:3~6か月間(応相談)
  • 実施環境:オンライン実施の場合、Zoomを使用します。また目標達成支援ツール(Webアプリケーション)を使用します。インターネットを利用しパソコンまたはスマートフォンのブラウザよりアクセスいただけます。

詳しくはお気軽にお問合せください!

お問合せフォーム

大変お手数をおかけいたしますが、下記の項目にご記入いただき、画面下部にございます「内容を送信する」ボタンを押してください。担当者が確認し、ご連絡差し上げます。
受付対応時間:9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇期間中を除く)

ページ上部へ戻る