笑ってこらえる!ことはストレス軽減に効果大? | Be & Do Inc.

ブログ

笑ってこらえる!ことはストレス軽減に効果大?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

egao

笑顔でいることは、幸せ!ということを、実際に実験によりデータで証明されたというお話です。

私たちは日々生活する中で、慎重を要する状況・ストレスフルな状況が訪れた際、
“笑ってやり過ごす”ことで、その多くを切り抜けているのかもしれません。

研究者(カンザス州立大学の研究)により、笑顔でいることがストレス軽減に加えて、心臓の健康も向上させることを発見したと、Psychological Science誌で発表しています。
※先行研究で、笑顔がストレス対策に効果があるというものは既にあります。

研究では、169名の被験者に対して、3つのグループに分けて調査を実施。(無表情、口角だけの笑顔、口と目の筋肉を使う満面の笑顔の3グループ)なんと、笑顔のチームには箸を加えて笑顔をつくるトレーニングまで実施!
そして、実際にストレス負荷のかかる複数のワークをマルチタスクで実施して、その違いを調査。
研究者は、参加者の心拍数と自己申告のストレスレベルを測定。

すると無表情で実験を行った被験者と比較して、笑顔で実験を行った被験者は心拍数が平常を保つことが明らかになった。
ストレスがかかる出来事のあとでも、笑顔でいた場合は回復も早い。
人が幸せであると実際に感じるか否かを問わず、何かしらストレスがかかることが起こった場合、“微笑むこと”が体のストレス反応を軽減することを、この調査結果は示しました。

つまり、笑顔をつくること(たとえそれが表情だけであっても)、ストレス軽減に確実に効果的であるということが分かったということです。

辛い時には、笑顔をつくってみることも、やっぱり大切なのかも。

Grinning and bearing it gets us through many of life’s tricky situations. But researchers have found smiling really does help reduce stress – and boost the health of the heart.

引用元: Why you should just grin and bear all life’s problems | Mail Online.

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • 俣野八重
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る