STAFF BLOG

部下を殺さないために「寸止め」のススメ。

刀知人の経営者があるときに
「女性の管理職は『寸止め』が利かないで、バッサリやってしまう人が多いから、部下が育たない」とぼやいたことがあります。

大変興味深い話。時々、自分を戒めるためにも思い出しています。

寸止めの利かない管理職とは

女性管理職この話にある「寸止めの利かない管理職」。この経営者は女性の管理職に多いという印象でしたが、きっと真面目な人ということなんでしょうね。

真面目で正義感の強い人は、自分の正しさを元に論破して、結果的に相手を徹底的に凹ませてしまいます。
人間の心理とは面白いもので、相手が正しいことを掲げて自分の非を責められると、かえってヘソを曲げてしまいます。
自分の犯した非であっても、ワケがあって生じたのだと主張したくなるのです。
cry_child
きっと誰しも、子供の頃に親に叱られたときに抱いたことのある感情です。
職場で生じるなんらかのミスや失敗、または管理職が思っている方向とは違う行動をしたとき、思わず詰めてしまうこともありますが、相手に自覚を促し、自ら行動改善を行うように促すためには、論破しつくさないことも重要なスキルですね。

子どもの「しつけ」とは異なる部下の指導

当社がおこなっているオンライン・コミュニケーション・マネジメント講座(OCM講座)では、メールやSNSの炎上の原因は、「正しい」ということの主張から起こっていることがわかります。

部下指導はけっして「しつけ」ではありません。
ひとりひとりの長所を引き出し、ひとりひとりが自ら考え、行動するように導くことだと理解することが、部下を殺さず、活かし、業績の向上につながるのです。

関連記事

書いたひと

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る