限られたリソースで売上向上を実現するには?!~「BtoBで成果をあげる最新マーケティング"技術"と"組織"」セミナー~ | Be & Do Inc.

ブログ

限られたリソースで売上向上を実現するには?!~「BtoBで成果をあげる最新マーケティング”技術”と”組織”」セミナー~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月31日(木)、SATORI株式会社と株式会社Be&Doで「BtoBで成果をあげる最新マーケティング”技術”と”組織”」セミナーを開催しました。

ソーシャルメディア、モバイル端末の普及。
対面チャネルでの購買活動は減り、非対面チャネルでの購買が増えています。

第一部【技術編】 ではSATORI株式会社 代表取締役 植山 浩介さんが、
“売り込みゼロ”で見込み顧客獲得を実現する超効率的営業手法とは〜ウェブアクセス履歴活用した具体施策をご紹介〜
というテーマにて、
①MA(マーケティングオートメーション)とは
②4つの実践例
についてお話しされました。
営業力強化を実現するソリューションとしてSFA(Sales Force Automation)は長い間、多くの企業で利用されてきているかと思います。

「営業支援システム」と呼ばれ、予算と実績を比較して目標達成率と達成状況を見る予実管理、案件ごとの進捗状況を把握する案件管理、営業活動を記録・報告する機能などを備えています。
SFAは顧客と会ってからが始まりです。
MAでは営業と会えていない・会う前からコミュニケーションを始めることができます。

顧客はセールスパーソンや営業マンに会わないうちに情報収集をおこなってしまっているため、今まで一般的であった売り込み型が難しくなっている現状。
またいかに会えない客、非対面でのセールスが今後のBtoBにおけるマーケティングにおいて必要であるか、を改めて実感できる内容でした。

4つの実践例では、購買意欲が非常に高い顧客を見分けるためのコンテンツ、等も教えていただき大変勉強になりました。

第ニ部【組織編】 では弊社取締役COO 橋本 豊輝が
マーケティングで結果を出す。業務の生産性向上とチーム力を高める具体策とは〜少人数/リモートでもチームを強化して成果に繋げるTips〜
についてお話しさせていただきました。
労働生産人口が減少し深刻な人手不足となる日本。少人数で最大の成果を出すことが求められています。

残業規制に目が行きがちな働き方改革。本来目指すべき生産性向上のためには、「エンゲージメントを高めること」が重要であるとお伝えいたしました。

マーケティング担当、数字管理やタスク管理で疲労してしまったり、A/Bテストや細かな設定業務等々地道で泥臭い仕事も多くあります。
営業担当のように売り上げ額や受注件数といった成果ではなく、成果が分かりづらいといったところもあります。
特に中小規模の企業だとマーケティング担当がたった一人であったり・・・。
ただ褒めあうだけで生産性の高い少数精鋭のチームは生まれない。
マーケティング担当の方々には納得していただけるところも多かったかと思います。
多くの方にご参加いただけ、非対面でのマーケティング手法、またその手法を支えるチーム作りに関してお話しさせていただけ、大変嬉しく思っております。
このテーマでのセミナーは東京でも開催を予定しております。
予定決まり次第お知らせいたしますので、今回参加いただけなかった方も是非ご参加くださいませ。

また弊社にて
営業コスト削減でも販売力UP!少数精鋭で全国顧客の離脱防止事例ご紹介セミナー
を開催いたします。今回のセミナーでもとりあげましたマーケティングチームのように、少数精鋭チームで売り上げを上げたいとおもっていらっしゃる方々多いかと思います。
コスト削減を実現しながら、売上の維持向上を実現できるヒントと事例についてお話いたします。
ぜひこちらにもご注目くださいませ。

みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

みさ
みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • 俣野八重
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る