STAFF BLOG

Be&Do社員インタビューVol.6 ~ソリューションセールスチーム 藤井~

藤井さん正面

スタッフの赤澤です。
『Be&Do社員インタビュー』第六弾です!
この企画は、自社のメンバーの、”Be&Doでがんばる理由”や、”Habi*do(ハビドゥ)への熱い想い”をインタビューして皆さんにお届けします。

今回は、藤井にインタビューです。

藤井さん紹介

藤井雄吾Fufi Yugo

ソリューションセールスチームのアライアンスセールス担当。SE、旅人(?)、モチベーションマネジメント・新規事業開発など経て2019年1月よりBe&Doに参加。新しいこと好き。趣味はバックパッカーで、”生きている実感”をとにかく求めている。カレーが大好物。優しくてちょっと変(笑)

さっそく藤井にインタビュー開始です!!

藤井さんインタビュー風景

――これまでのご経験を教えてください。

Be&Doは5社目になります。
大学卒業後はSE(システムエンジニア)の仕事をしていました。大手の製薬会社や医療機器メーカーでご利用頂くグループウェアのアプリを作っていました。
そこで8年間続けたのですが、当時はSE35歳定年説というものがあり、直接お客様と対面してご提案できる仕事にキャリアチェンジをしたいなと考えました。

その後、モチベーションを扱う会社へ転職し、3年間勤務しました。
顧客企業のワーク・モチベーションを高めるための調査やコンサルティング、社内イベントや研修を提案する会社です。
転職サイトで見つけたのですが、当時としてはかなり珍しく、
「なんやこれ!面白そう。」と思い飛び込みました。
商材があるわけでは無く、頭ひねって提案するスタイル。私にとっては全てが新鮮で、
例え失敗しても、お客様から学べる充足感のようなものを感じる毎日でした。

それまでは東京勤務。ただ時が経つに連れ、親の近くに居たいという気持ちが高まり、実家のある大阪へ戻ろうと決心しました。その会社は大阪に拠点が無かったので、再度転職をしました。
大阪ではペット業界のベンチャー企業で動物病院へのコンサル提案を1年、その後商社を10年経験しました。

―職種や業界、規模に関わらず、多くの企業をご経験をされているんですね。
そんな中、2019年1月からBe&Doへ参加されたキッカケを教えてください。

たまたま入社前から色々とご縁があったんです。商社時代の話ですが、外部のWeb勉強会に参加したとき、そこに橋本(Be&Do取締役)もいて、面識がありました。
ただBe&Doで働いているということは全く知らなかったのですが、、、
その後、社内の横のコミュニケーションを活性化させたいということで、Webのツールを探していたときにHabi*doを知人から紹介してもらいました。それで連絡をして、来社頂いたメンバーが石見(Be&Do代表)と橋本。「あっ橋本さん!」という感じです。(笑)
それから石見が主催するAPO研という勉強会にも参加するようになりました。

そして年月が経ち、2018年の10月頃に声を掛けてもらったんです。最初お会いしてから7年が経過していました。
転職には迷いもありましたが、これまでIT業界とモチベーションの業界の両方を経験していたので、Be&Doでそれが活かせるのではないかと思いました。今はメンバー皆で一つの事業に向いているという一体感を日々感じています。

―Habi*do(ハビドゥ)のユーザー様だったのですね!その会社に入社することになるとは、人生何があるかわかりません。ところで、藤井さんが感じているHabi*do(ハビドゥ)の魅力はなんでしょうか?

リアルなプロセス・行動など、現場で使えるデータを蓄積し、活用できるところです。どれだけカッコ良く、見栄えの良いデータであっても、「結局何をしたらいいの?」と活用の仕方がわからないなんてことがあると思います。その点でHabi*doは、実用的なデータが拾える。これは本当にすごいと思います。
また、実現はこれからですが、そういった基礎データが、将来的に例えばAIを使ったアドバイスやレコメンドなどで活用できるのではないかと、可能性の大きさを感じています。

―Be&Doは人や組織のイキイキがテーマですが、藤井さんご自身が、イキイキ働く為に取り組んでいることを教えてください。

昔はバックパッカーで、毎年旅をしていました。子供が誕生する前までは続けていましたね。異国をめぐると五感、第六感を働かすことができます。「生きる」を感じることが出来る貴重な機会なので、大好きでした。
最近では、街ブラをしています(^^)どちらも共通して、先入観を持たずに飛び込み、自分で「感じる」ことを大切にしています。
もちろん、Be&Doに入ったこともそうですが、小さなことだとランチのお店選びから、移動は電車より歩き、地下より地上を歩くなど人工物を避けてます。
サメやマグロのように止まると呼吸できなくなる生き物のようです。
新しいこと、ドキドキわくわくが大好きなので、どんどんチャレンジして、「生きる」を感じたいです。

―とにかく新しいことへの挑戦が大好きな藤井さん。最後に、Be&Doでの今後の展望について教えてください。

Habi*doの価値が世に認めてもらえるように努力していきます。
また、私は現在47歳なので、自分自身も含め団塊ジュニア世代も生涯現役で活躍できるような、そんなイキイキした社会を、Be&Doを通じて実現したいですね!

―世代問わず、イキイキ輝ける社会を目指しましょう!
藤井さん、ありがとうございました。

ここまで読んで頂いた皆さん、第六弾はいかがだったでしょうか?
近くで働いてる方が、「なぜここで働いているのか?」「どんな目的を持っているのか」
意外と知らない人も多いのではないでしょうか?
ぜひ、思い切って質問してみてはいかがでしょうか!

※おまけ写真です(笑)。

藤井さん正面その2

 

 

関連記事

書いたひと

赤澤智貴
赤澤智貴
Be&Doソリューションプランニング部のプランナー/"仕事を楽しく、皆が活躍できる組織作り!"を 目指して奮闘中。 人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。趣味は野球・ゴルフ(レベルは初心者)・スターウォーズ。Be&Do唯一の20代。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る