STAFF BLOG

Be&Do社員インタビューVol.7 ~総務 若藤~

スタッフの赤澤です。

Be&Doメンバーってどんな人がいるんだろう?っと思ったそこのアナタ★
お待ちかね(?)『Be&Do社員インタビュー』です。

今回は総務の若藤にインタビュー!
Be&Do代表の石見を創業前から支える唯一のメンバーである若藤の目線から見た、Be&Doのエピソード0にも迫りたいと思います。

若藤さん

若藤Wakafuji

総務の若藤さん。Be&Doの創業メンバー。代表の石見とは2〇年来の付き合い?で、数々の歴史を知る生き字引的存在?!きれい好き、お世話好き、生活の知恵も豊富でBe&Doメンバーのお母さんのような存在?!

若藤にインタビュー開始です!!

―さっそくですが、代表の石見との出会いについて教えてください。

元々、美術が好きだったので、短大卒業後は30代になるまでデザイン関連の会社にいました。2社経験をしています。その後結婚もして、そろそろ辞めてアルバイトしながらのんびり過ごそうと考えていました。それを周りにも伝えると、なんと繋がりのあった1社目の社長と、そのとき勤めていた2社目の社長どちらからも、「それならこんな会社もあるで~」と紹介されたのが、代表の石見が当時経営していた会社でした。
事務職とのことで、「未経験ですがいいですか?」と聞くと「大丈夫ですよ~」軽い感じで、大丈夫かな?と思いつつも、二人から紹介されるなんて何かのご縁と思い入社したんです(笑)。

―まさにご縁ですね!そこからBe&Doが創業されるまでの話を教えてください。

当時石見が経営していた会社では数年間働きましたが、色々あって一旦退社したんです。
今度こそお休み期間に入ろうかと迷いましたが、手に職を付けたいと思い、ヘルパーの仕事を始めました。でも続けるうちに、私はこれを本当に本業にしたいのかな?と思うようになりました。そんな時、新たに人材紹介会社を起業した石見から、またもや総務のお仕事でタイミング良くお誘いを頂いたんです。それで、また一緒に仕事をすることに決めました。しかし、その後リーマンショックが起き、順調だった事業が傾いてしまったこともあったり、紆余曲折あり大変でしたが現在はBe&Doで勤務しています。

―そんな大変な中でも、石見をサポートし続けた理由はなんでしょうか?

この人といたら楽しい!という気持ちですね。石見は色んなアイデアを次々実行します。私もそれについて調べてサポートするので、常に新鮮で、いつもドキドキ刺激的な毎日ですし、成長もできます。私自身、楽しいことが大好きな性格なので、そんな環境がピッタリだったんですね。その分、大雑把でもありますが(笑)。

―Be&Do創業当時の様子を教えてください。

現在のBe&Doは、組織のマネジメントに重きを置いたソリューション提供をしていますが、組織開発のソリューションのテーマに「健康」を設定してみるところからスタートしています。全て手探りで、とにかく実践してみる状態でした。あ、そうそう!石見から「業務命令です。ダイエットしてください!」と宣言があり、みんなで取り組んだこともあります(笑)。当時の皆の頑張りや、「あーだね、こーだね」と議論したアイデアが、全て今のHabi*do(ハビドゥ)の原型になっています。

―これまで培った経験やアイデアが、Habi*do(ハビドゥ)には詰まっているんですね!
Be&Doでは自分達も業務でHabi*doを使用しています。実際に使ってみていかがですか?

Habi*doがコミュニケーションのキッカケになり、私も含め社内全体が明るくなりました!

みんな役割が違うので、お互いに日々何をしているのかってなかなか見えずらいですよね。総務の仕事をしている私の場合は、他のメンバーと直接関わる業務が少ないのでなおさらです。でも、Habi*doは日々の業務における行動習慣やタスクがメンバーに共有される仕組みになっているので、みんなの「やってくれたこと」「やろうとしていること」「これからやること」が見える化されます。だから、違うチームの人のお困りごとや、楽しんでいること、仕事のことなどがHabi*doを通してわかります。

例えば、開発チームやソリューションチーム(営業)のメンバーが「こんなMTGをしているんだ」とか、「今忙しくて大変なんだな」とか様子がわかることで、こういうことをやってくれてありがとうと思える。話題も豊富になり、関係性が深まる。結果、社内が明るくなります。

―Web上だけでは無くリアルの場でもコミュニケーションが活性化されることがポイントですね。
Be&Doは人や組織のイキイキがテーマですが、イキイキ働く為に取り組んでいることを教えてください。

美術館巡りが趣味です。葛飾北斎の作品が好きです。神社へも行きます。雰囲気、クリアな空気、美味しい水など、クリーンなところが大好きです!また、健全な状態を維持できるように、日々のストレッチなど、あまり無理をしない程度に体のメンテナンスも忘れないよう心がけています。

―プライベートでも活動的な若藤さん。最後に、若藤さんの今後の目標について教えてください。

健康的に、細く長く、そして楽しく過ごすことです。
私の場合、仕事から離れると多分やる気が無くなると思うので。

今は日々、働ける喜び、知る喜び、役に立つ楽しみを感じています。
仕事はやった分だけ結果が出るものと思っています。
それが誰かの役に立ち、フィードバックを頂くと、やりがいを感じられます。
楽しくて気持ちも良い。そしてもっと良くなろうというモチベーションが生まれます。

これからも、”仕事を楽しく”をモットーに頑張ります!

―若藤さん、ありがとうございました!

ここまで読んで頂いた皆さん、いかがだったでしょうか?
近くで働いてる方が、「なぜここで働いているのか?」「どんな目的を持っているのか」
意外と知らない人も多いのではないでしょうか?
ぜひ、思い切って質問してみてはいかがでしょうか!

関連記事

書いたひと

赤澤智貴
赤澤智貴
Be&Doソリューションプランニング部のプランナー/"仕事を楽しく、皆が活躍できる組織作り!"を 目指して奮闘中。 人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。趣味は野球・ゴルフ(レベルは初心者)・スターウォーズ。Be&Do唯一の20代。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 藤井雄吾
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ
働く人のイキイキを実現するWellbeingマネジメントシステム

最近の記事

ページ上部へ戻る