健康と生産性との関連はホーソン実験にもあるように経営学の古典的なテーマでした。 | Be & Do Inc.

ブログ

健康と生産性との関連はホーソン実験にもあるように経営学の古典的なテーマでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、加護野忠男先生(甲南大学特別客員教授)とお話をする機会があり、「従業員の健康は経営の重要なテーマやったのが、今は経営学から健康が離れてしまった」とおっしゃっていました。

加護野先生がおっしゃったのは、かの有名なホーソン実験。1927年にシカゴのウェスタン・エレクトロニック社のホーソン工場で科学的管理法を用い、生産性のいっそうの向上をはかるために、いかにすればよいかを目的におこなった実験です。

そこでは作業員の「疲労と生産性」についての実験をおこないました。その中で、休憩時間の導入、労働時間を変更などの実験もおこないました。

当初は、休憩を入れる、労働時間を短くするなどの条件の変化にともなって生産性はあがっていきました。ところが、一度、労働条件を元に戻しても、生産性の低下は見られなかったのです。

このことから、労働時間が少ないと疲労が減り、能率が上がるという単純なものではないということがわかりました。ホーソン実験では、自主性や信頼関係など、人間関係や動機付けが生産性に影響することがわかったのです。

短時間勤務だから、疲労が少ないというわけではないのですね。それよりも個人の自発的な仕事の進め方とそれを承認する互いの人間関係こそが高い生産性を生むのです。

今の経営は合理性と強制的な時間管理で、ゆとりがまったくありません。おまけにITの高度化で隣の席の人と声も交わさない業務環境になっています。

経営と健康を考えていくことは、真の生産性向上につながるはず。

ところでgoogleの20%ルール。これは自分の仕事の20%を自分の好きなプロジェクトに割り付けることを義務付けた規定です。gmailなどヒットしているサービスなどがこの制度から生まれたというのは有名な話です。

自発的に楽しいことをしていれば、メンタルヘルスの病気にはなかなかなりません。やらされ感や強い義務感が継続的なストレスになり、ストレスで血圧、内分泌の異常などから心身の疲労、免疫力低下に陥ります。ストレスで摂食障害になり、メタボや拒食症などにも関連してくるのです。

健康と経営を考えることはイキイキとした職場づくりに他ならないのです。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る