みちのく未来基金に小額ながら寄付ができました。 | Be & Do Inc.

ブログ

みちのく未来基金に小額ながら寄付ができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

当社(株式会社Be&Do)の健康をテーマにした組織コミュニケーション向上プログラムTREEダイナミクのサービススタートから4ヶ月過ぎました。

サービス開始当初よりTREEダイナミクスのプログラムを実施いただいた某製薬会社様、池田タクシー株式会社様、体験セミナー方やトライアル実施いただいた団体様のおかげで、約300名様がプログラムをご体験いただきました。

株式会社Be&DoではTREEダイナミクスプログラムを初めて実施いただいた人数に応じてみちのく未来基金寄付をすることをお約束してまいりましたが、3万円という小額ですが、はじめての寄付を納めることができました。

■TREEダイナミクスプログラムとは

TREEダイナミクスプログラムは「組織と個人のイキイキ」を実現するための土台をつくるプログラムです。

株式会社Be&Doでは、組織と個人のイキイキの土台(foundation)を「職場のコミュニケーション」と「個々人の心身の健康」が両立している状況と位置づけています。

職場のコミュニケーションの醸成と個々人の健康活動の実践を両方実現するのが、当社のTREEダイナミクスプログラムです。

実践いただいた方のアンケートから、約60%の人が、身体が引き締まるなど、身体のポジティブな変化を実感いただいています。また「職場に共通の話題ができた」「コミュニケーション機会が増えた」「前向きな気持ちになれた」「リラックスできた」など、多数のコメントをいただきました。

健康づくりと組織コミュニケーションの土台づくりを両立させるプログラムとして自信を深めることができました。

■組織と個人のイキイキに貢献の誓いに、みちのく未来基金に寄付をします

みちのく未来基金は震災遺児へ25年間の長期にわたる支援をおこなっています。当社も微力ながら、組織と個人のイキイキの土台づくりに貢献する誓いとして、ご協力したいと思っています。
TREEダイナミクスの広まりとともに、もっと多くの金額を寄付できるようにがんばってまいります。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る