やっぱり人と組織がイキイキとすることを目指しているんだと再認識します。 | Be & Do Inc.

ブログ

やっぱり人と組織がイキイキとすることを目指しているんだと再認識します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スタッフ橋本です。

habi+Do!って研修フォローのためのツール?と聞かれることがあります。もちろんそれも適用例の一つです。

でも実は↓こんな展開があるんです。

habiの展開図

 

私たちは、「IT×人の関わり」で目標達成を支援する手法と仕組みを研究開発している会社です。

企業の現場のマネジメントの支援、人材育成の支援、目的をもったプロジェクト活動、組織開発。学校や塾などの教育現場の支援。健康増進の支援。あらゆる「目標」の達成支援をするための仕組みと手法を提供しています。

目標・行動の達成は人や組織の活性化につながる!

目標達成をすることや、小さな行動を達成していくことで自信がつくことは、人や組織がイキイキとすること(≒成果向上、生産性の向上)につながります。これは、仕事に限らず、教育現場で言えば学習者にも当てはまりますし、健康増進活動でいえば健康になりたいご本人にも当てはまります。

例えば、教育研修で学んだことを次の日から、ちゃんと実行して、それが仕事の成果につながっていけば、スキルアップを実感できますし、間違いなくその人にとって自信につながっていくと思うんです。

もちろん、全員が自発的にそのように頑張るわけではないかもしれません。だからこそ「チーム」で取り組むことでメンバー内外に良い影響が広まります。だからこそ管理者が褒めたり評価したりすることが容易にできることも重要になりますし、仲間同士が負担なく関与し合える仕組みも重要になります。そして何より楽しいと思ってもらえるきっかけとなるような仕組みも大切。

これは何も教育研修後だけの話ではなくて、日常の仕事も同じです。

当社が提供するhabi+Do!というプラットフォームの展開例を図式化しながら、そんなことを考えていました。

habi+Do!の概要ページを少しバージョンアップさせました。よければご覧ください。

http://info.habi-do.com/description

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 俣野八重
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る