学習定着率を高めるには、行動の実践と他者への指導が有効! | Be & Do Inc.

ブログ

学習定着率を高めるには、行動の実践と他者への指導が有効!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ラーニングピラミッド

アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)の研究によって導き出された、学習定着率を表す「ラーニングピラミッド(Learning Pyramid)」です。教育や人材開発に携わる方はご存知の方も多いかもしれませんね。

いわゆる講義(Lecture)は5%、資料や書籍を読むこと(Reading)は10%、視聴覚(Audiovisual)が20%、実演によるデモンストレーション(Demonstration)が30%、グループディスカッション(Discussion Group)が50%、実践による経験・体験・練習(Practice Doing)が75%、誰かに教えること(Teaching Others)が90%と、より能動的・主体性が必要なことになるほど学習定着率が高い=教育効果が高いと言える研究結果が出ています。

教える側としては、どのようにそれぞれに主体的に関わってもらうか。これは多くの教育現場での課題ではないでしょうか。

このラーニングピラミッドを見たとき、企業内教育におけるフォーマルラーニング(研修や一般的なeラーニングなどが適用されることが多い)による学習効果が30%、現場での経験や、メンバー同士の学び合い、上司からのフィードバックなどなどによるインフォーマルラーニングによる学習効果が70%という研究の話をつい先日のブログ>>ワークプレイスラーニングとは?学びは現場で7割以上が起きている!でも少しだけ触れていました。

学習定着率の指標であるラーニングピラミッドにおいても、他者との関わり合いや、自らの実践経験が重要になるほどに定着率が高くなるという傾向がありますよね。Lecture~Demonstrationまでが30%と考えれば、残りの70%は行動して実践してみることや、上司・同僚・後輩といった仲間の存在がとても大きくなります。おもしろいですねー!

ちなみにHabi*doでは、目的とする学習・トレーニングのテーマにもよるところはありますが、オンラインでピラミッドの全部を実現できるものなんです。

でももちろん、Habi*doも、ただ導入して放置するだけでは、ただの道具に過ぎません。研修室や会議室があって、そこに受講者を押し詰めて、「さぁ、頑張れ!」と言ったところで、受講者たちは何をすれば良いか分からないですよね。それと同じです。

ただ、オンラインで時間や場所を超えて、まさしく研修室での学びを継続してフォローできるツールであることは間違いありません。そして現場での実践や学び合いまでフォローできる。しかも講師・トレーナーがいい意味で楽をしながらサポートできる!

具体的にオンラインで講座をやりたいという先生や、クライアント企業の人材育成にコラボレーションしたいコンサルタントの方や、社内でワークプレイスラーニングの要素を取り入れたいという人材開発担当者の方。お気軽にご相談くださいませ!

※2014.12.1追記
企業内の人材教育等の成果向上手法の一つとして、追加記事をエントリーしました。
学習の定着化のためにできること!ラーニングピラミッドから紐解く成果向上の方法とは?

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る