STAFF BLOG

関西にもHR領域のテクノロジー活用例の共有の場を!

データやテクノロジーを活用して。

スタッフ橋本です。

HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)という、人事・組織の課題をテクノロジーやデータ分析を用いて解決するための方法を研究する団体があります。もっといえば、得たデータや研究成果を経営に活かすことで、そこで働く人も会社もハッピーになれるようにするという取り組み。そこに共感して、私たちBe&Doも会員として参加しています。

これまで関東での研究発表やワーキンググループの開催が主でした。私もいつも参加できるわけではないのですが、参加させてもらった際には、国内外の最先端の研究・実際の事例について聞くことができ、刺激を受けるわけです。

こういった場がまだまだ関西には少ない、と感じています。そこで、HRテクノロジーコンソーシアムの方に相談し、関西でのワーキンググループの立ち上げにいたりました。きたる2015年11月26日(木)に立ち上げ記念セミナーを開催いたします。お忙しい時期かと思いますが、ぜひご興味をお持ちいただける経営者さま、人事部門スタッフさま、人材会社さま、HRテクノロジー事業会社さまなどご参加いただければ幸いです。

今回は、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授 岩本 隆先生による基調講演「HRテクノロジーの最新動向」にはじまり、当社のアドバイザーでもある大阪学院大学 経営学部 教授 喜田昌樹先生による記念セミナー「データ分析を大学経営に生かす―退学者対策」といったアカデミックかつテクノロジーを活用した人事・組織課題解決のヒントとなりうる講演を聞くことができる絶好の機会です。

▼お申込み、詳細はこちら(HRテクノロジーコンソーシアムの受付ページにジャンプします。)

私たちBe&Doも「IT×人のかかわりで行動変容を科学する」をテーマに事業をしています。

研修、トレーニング、コンサルティングなどの人対人によるアプローチで行動変容を起こし、成果に導くということはとっても重要です。ただ、それを“より多くの人に継続的に”行うためには、仕組み化をすることがカギになってくるのではないでしょうか。今では、職場のIT環境も整い、さらにスマートフォンなどのモバイル環境についてもより進化してきています。最近では、人工知能などの活用に向けた動きもよく聞くようになってきました。

もちろんテクノロジーやデータだけでなんとかなるわけではなく、やはりそれを活用する人の存在も重要ですよね!どのように組織課題に活かすのか、経営に活かすのかというノウハウやスキルも大切です。

そんなことをディスカッションし、一緒に考える仲間も欲しいです!ぜひご参加くださいませ~!

▼お申込み、詳細はこちら(HRテクノロジーコンソーシアムの受付ページにジャンプします。)

Lebacセミナーへ

関連記事

書いたひと

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがライフワーク。人材育成型の目標達成支援ツール「Habi*do」の企画設計、マーケティング活動に従事しています。楽しみなくして得るものなし!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 藤井雄吾
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る