がんのリスクが4.8倍になる睡眠時無呼吸!? | Be & Do Inc.

ブログ

がんのリスクが4.8倍になる睡眠時無呼吸!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

睡眠時無呼吸症候群は癌リスクを4.8倍に?

Obstructive sleep apnea, a breathing disorder linked to heart disease and depression, may heighten the risk of cancer as well. A two-decade study shows that people with severe sleep apnea could be four times as likely to die of cancer as people without the condition.

引用元: Severe Sleep Apnea Tied To Cancer Risk – Science News.

睡眠時無呼吸によるガンのリスクに関する興味深い記事がありましたので、簡単にご紹介します。

the University of Wisconsin–Madisonの内科医・疫学者による研究によると、「睡眠時無呼吸症候群」がガンのリスクに対して強い関係性があると発表しています。

睡眠時無呼吸は、睡眠を妨げるだけではなく、細胞に必要とされる酸素を奪うことになります(低酸素状態に陥るのです)。20年間に及ぶ研究によると、無呼吸によるガンのリスクは、なんと4倍以上。
マウスによる実験では、通常時に比べ、低酸素状態が続いたマウスの方が皮膚ガンの成長が速く進行しました。また、1522人の参加者(30代~60代)による1990年代初めから始まった実験では、当初から激しい睡眠時無呼吸症候群を持っていた人たちが59名いたのですが、2011年11月末までに、他の参加者に比べ4.8倍の確率でガン関連の疾病が原因で亡くなっています。

無呼吸症候群は、太り過ぎ・肥満にも関係が強いです。なぜなら、太り過ぎによって喉の空気の通り道を圧迫し、睡眠時などに無呼吸が起こってしまうのです。そして、生活習慣によって無呼吸症候群となり、その無呼吸によって体内に低酸素状態を継続的に生んでしまう環境ができてしまうということ。

食事はもとより、運動や、日頃の生活習慣の積み重ねが大事ということに改めて気づかされる発表です。ガンも無呼吸も生活習慣の積み重ねで起こるものがほとんどですし、逆に言えば生活習慣によって改善が期待できる部分でもあるということですね!

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る