コミュニケーションと生産性 | Be & Do Inc.

ブログ

コミュニケーションと生産性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コミュニケーションの基盤がないと成果がでないという話は、よく聞きますが、組織生産性とコミュニケーションの相関関係について、明確なデータを私は見たことがありません。

※コミュニケーション能力と社員のモチベーションや職場の雰囲気とは相関があるという情報があります

もちろん、組織生産性の定義が難しいことや、様々な要素が生産性に紐づくため、単純に職場のコミュニケーションと生産性と結びつけることは難しいと思います。

一方で、コミュニケーションの機会が少ない、またはコミュニケーションがうまくいっていない職場は、相互の信頼を得ることは難しいことは容易に理解できます。

信頼関係がない職場では、チームワークの欠如による過剰労働、ストレスによる心身への負担、あげくには離職、メンタルヘルスによるうつ病の発症など、労働生産性という点では極めて明確な損失が発生します。

実はこんなにわかりやすい話なのに、企業は予防的な取り組みに費用を出そうとしません。

すでにメンタルヘルスの病気になってしまった人の復職やカウンセリングには費用がつきますが、この費用は、メンタルヘルス不調者をかかえる管理職の人件費と心身の負担、人事や総務の担当者の人件費と心身の負担を含めると、予防的措置の費用のほうがよほど安くつきます。

これがわからない経営者や人事担当者は、真に生産性がわかっていない、長期的視点に立てない人たちだと思います。

当社のサービスは「研修」という形式で導入いただけるため、特別な新たなメニューではない形で導入いただけます。

また、継続的に当社のサービスを導入いただくことで、職場のコミュニケーションの状態から、早期に心身の調整が必要な状況かを見ることができます。

当社のようなサービスは本来、必要がなかったものかも知れません。

また職場のコミュニケーションごときに外部のサービスを使うなど「恥」と思う経営者、事業部門責任者も多いかと思います。

しかし、海外拠点や支店、客先常駐などの職場環境の多様化、強いストレス環境下で高いパフォーマンスを求められるこの時代では、必要なサービスなのです。

「うちの職場はうまくいっている」と思っているあなたが、すべての元凶の場合だってありえます。

1名の休職者を出すと、会社の損失は半年で600万円あまりという調べがあります。何よりも職場の雰囲気が悪くなります。

組織のイキイキと生産性を真剣に考えている経営者、人事部門の方のご連絡をお待ちしています。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

エンゲージメントツールHabi*doHabi*do資料ダウンロード:エンゲージメントを高める仕組みと背景

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る