STAFF BLOG

自発的なモチベーションを高める“やる気スイッチ”を探して~収集癖編~

スタッフ舞田です。私自身が生活のなかや、これまでのキャリアのなかで感じた「やる気スイッチ」についてのブログです。

こんなご経験、皆さんはありますか?思い出してみてください!

子どもの頃、ついつい、シールや匂い玉(懐かしい!もしかして知らない人もいる?)、変わった形の石、カード、古切手、などなど、なんだかよくわかんないものを集めてしまう・・・「使う」目的ではなく、「集める」ことが純粋に楽しかったという記憶はありませんか?モノだけじゃなく、ラジオ体操のスタンプカードにハンコを押してほしくて、眠い目をこすって皆勤賞を狙った人も多いのでは?

子どもは基本的に自分にとってプラスになること、気持ちのよくなることしかしない生き物。そう考えると、「集める」のは、ある意味、本能的な欲求なのかもしれません。太古の昔、狩猟をして食糧となるものを集めてくることが部族の存続に関わる最大のテーマであり、周りから称賛を得られる行動だったと考えると、どちらかというと男性に収集癖が多いのも納得です。もちろん、女性も木の実を集めたりする満足感が、現代に引き継がれているのかもしれませんね。

My Collection

理由はともかく、何かを集める行為は、人間の中にある「気持ちいい達成感」に繋がるスイッチと言えそうです。やる気が出ないとき、このスイッチを活かさない手はない!

習慣化したいことや、あまり気乗りしないけどやらなきゃいけないこと。自分なりのターゲット行動を設定し、それを実行した数をカウントする、印を付ける。そんなシンプルなことで、自分のやる気スイッチに火を付けられるなら、楽しいかも!

こぼれ話・・・

弊社のHabi*doには、システムから自動でいろんなオンラインバッジを発行する仕掛けがあるんですが(実は、全部で何種類あるのか社内のスタッフもほとんど把握してません)、早朝にログインして行動リストを「やった」を押すと発行される「朝活王」バッジを集めたいがために、毎朝せっせと早起きされてたユーザーさんもいらっしゃいました(´▽`)。どんなバッジなのか気になる…私も早起きしようかな。

マイタが見つけた今日のスイッチ

人は、何かを集めると、ついつい達成感を感じてしまうらしい。

関連記事

書いたひと

舞田美和
舞田美和
Be&Doコンサルタント/パフォーマンスUPできる効果的なHabi*do活用をご提案・ご支援しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る