STAFF BLOG

ぶっちゃけ、わざわざオンラインを使う意味なんてあるの?

 

sns

スタッフ舞田です。

「離れている者同士ならともかく、普段顔を合わせている職場のメンバー同士で、わざわざオンラインを使う意味なんてあるの?」

そんな質問をいただくことがあります。はい、今日も(笑)。

9名という小所帯で対面でも日々コミュニケーションを密に行っているBe&Doとして、その実感をお答えするなら、断然「YES!」です。

私たちはHabi*doを、業務報告的な情報共有(一般的な営業管理ツール的な使い方)はもちろんのこと、業務から派生するような関連情報、ふと思いついた新しいアイディアなどをタイムリーに共有する場として活用しています。

日々それぞれが忙しく仕事をしていると、こういった”ちょっとした”情報共有をする機会というのは思いのほかないものです。
わざわざみんなを召集して発言するほどでもないし、現段階では取り立てて重要とは言いづらい情報。
だけど、実はこんな中にこそ、サービスをより良くするためのヒントや、新しい事業につながるアイディアの萌芽があったりするものです。

もちろん、これらの「情報共有」的な側面だけでなく、誰かの発信に追投稿する形で自分の意見を持ち寄って「オンラインディスカッション」を行ったり、つい伝えそびれてしまう「感謝や称賛の気持ち」をスタンプとしてメンバー同士で送りあったり、オンラインだからこそ実現できるコミュニケーションも、実はたくさんあることに気づきます。

だから、普段から気軽なコミュニケーションができている組織であっても、オンラインを使う意味は大あり!なんです。

・・・が、大事なのは、何を目的に、どんなオンラインツールを、どんな運用で使うか?だと思っています。
私たちも日々実証実験をしながら、効果的なオンライン活用を模索していきたいと思っています。

貴社でも、見落としているコミュニケーションの隙間に、宝が眠っているかもしれませんよ!

関連記事

書いたひと

舞田美和
舞田美和
Be&Doコンサルタント/パフォーマンスUPできる効果的なHabi*do活用をご提案・ご支援しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る