STAFF BLOG

ほんと?ミルクとビールは肥満防止と筋力アップに効果的かもしれないという研究内容

 

ビール

飲み過ぎ注意!

Researchers say the molecule found in milk could help prevent weight gain and diabetes and improve muscular performance (posed by model)

引用元: Nicotinamide riboside: Hidden vitamin found in BEER and MILK can make you stronger, slimmer and healthier | Mail Online.

牛乳やビールに含まれる“隠れ”ビタミン、ニコチンアミドリボシド(ナイアシンの一種)という成分は「奇跡の分子」と呼ばれ、肥満や糖尿病を防ぎ、筋肉のパフォーマンスを増加させるだけではなく、赤ワインに含まれるレスベラトロール同様に、寿命を伸ばす可能性も指摘されているのだとか。ミトコンドリアが老化と関係すると考えられていますが、その機能改善などを促す可能性があるそうです。

スイスの連邦工科大学長のJohnan Auwerx氏が実施したマウスによる実験により、その分子の持つ潜在的な力を発見したと発表。

ただ、このニコチンアミドリボシドは分子構造が非常に小さく再現が困難なために、牛乳やビールにどれくらいの濃度で含まれているか、効果を発揮するにはどれくらい飲まないといけないのかという検証はできていない模様です。今後、研究は継続されるそう!

いずれにしても、牛乳を飲み過ぎて胃腸の調子を悪くしたり、ビールを飲み過ぎてそもそも脂肪分摂取が増えてしまったり、宴席で食べ過ぎたりしては、本末転倒です。

今後の研究成果に期待して、日頃のバランス良い食事や、日常の中での運動などを心がけていきたいところですね!

関連記事

書いたひと

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがライフワーク。人材育成型の目標達成支援ツール「Habi*do」の企画設計、マーケティング活動に従事しています。楽しみなくして得るものなし!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る