STAFF BLOG

Be&Do設立5周年を迎えて。

5年前の今日、Be&Doが誕生しました。

私がBe&Doを起こそうと思い立ったきっかけは、2008年のリーマンショックにあったように思います。

短期的な利益や快楽を求めるような在りようは虚しいだけです。存在価値を根本から考えなければならない課題が表出したかに感じました。

課題とは…

なんのために人は生きているのか、なんのために企業組織は存在しているのか。
一人ひとりが自律的に行動し、自らの成長を実感できることこそ、個人の存在意義なのではないか。
また企業や組織は一人ひとりの自律的な行動を促し、能力を最大限に生かすことこそが継続的な事業の成長につながるのではないか。

折しも5年前の2011年は東北の大震災が起こった年です。

互いの存在を認め合い、ひとりひとりの想いをもった行動が大きな力になることが再確認された年でもありました。

Be&Doの社名は、「存在」と「行動」です。

あるがままを認め、行動することこそ、個人、組織ともイキイキと高い成果を生むことができるはず。

この思いを実現するために、この5年間、サービス開発に努めてまいりました。

そして試行錯誤を重ね、これまでの実績を踏まえ、5周年を迎えたこの10月にエンゲージメントツール Habi*doをリニューアルしました!

Be&Doのチャレンジが、これからますます世界の人のイキイキに貢献できますようこれからも頑張ってまいります。

引き続き、ご支援の程、よろしくお願いいたします。

関連記事

書いたひと

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ
働く人のイキイキを実現するWellbeingマネジメントシステム

最近の記事

ページ上部へ戻る