STAFF BLOG

日々我慢をしない。ありのままを受け入れる~プランナー舞田の場合~

プランナー舞田

スタッフみさです。

Be&Doをみなさんにもっと知ってもらいたい〜!ということでスタッフそれぞれに

「Try・Refresh・Enjoy・Encourage」いずれかのテーマに沿った質問でインタビューしていきます!

今回はプランナー舞田さんにRefreshについてインタビュー!

舞田さん

舞田 美和Miwa Maita

Be&Doの華といえば舞田さん!企画、提案などのプランニングからセールスまで一手に引き受け、あらゆる場面の最前線で奮闘する。
女性らしいしなやかさと同時に、男前な推進力で物事を進めていくところは圧巻。
毎日、午前中のオヤツを欠かさないのはここだけの話。

みさ
まずは趣味について教えてください。
舞田
趣味はないんですよね〜この質問いつも困るんです。
かっこいいこといえるといいんですけど・・・
舞田
何かを突き詰めるっていう思考がないんです。
ジェネラリスト(Generalist)!めちゃくちゃこれが好き〜とかはまることもないんです。
みさ
女子は芸能人にはまる時期とかありがちですが・・・。
舞田
芸能人を見て、カッコいいなとは思うけど、キャーとかはないし、コンサートに行ったりした経験とかもないんです。
舞田
面白くない人間みたいだけど、どはまりするものがないので、趣味って言われると困っちゃって・・・。
興味がないことはノータッチ。興味あるふりもできないんですよね〜。
みさ
いろんなところにアンテナが立っている、バランスがいいってことですよね。
舞田
人にも物にも食べ物にも好き嫌いがない。みんな高め安定で好き、みたいな感じです。
舞田
私は子どもの頃から絶対これ買って欲しい!みたいな強い欲求はなかったような気がする。だからといってとりたてて我慢したとかもないんですよ。
みさ
素直で育てやすいお子さんだったんですね〜。
みさ
今年もあと少し。早いですね〜!!今年の一番のニュースは?
舞田
四十路になりました!不惑、大台にのりましたよ!!女子的には大ニュースでしょ?!
みさ
おぉ・・・おめでとうございます。40代を迎えて何か違いますか?
舞田
今の30代って若い感覚が残っているでしょ。
「40」は若いっていうくくりではなくて、あきらかに大人というくくり。
でも子供のころ描いていた大人はもっと大人、すごいギャップがあります。
舞田
この会社に入ってお仕事をしていて諸先輩方、素敵な大人な方々と会う機会が増えて、大人になるのは怖くない、って思うようになりました。
思い描いていた「The大人」みたいに完璧でなくてもいいっていう受入れかな。
みさ
目標はありますか?
舞田
ない。
みさ
ない?!
舞田
毎年誕生日や節目には「今年こんな年にしよう」って抱負を考えるんですけど、40歳になった今年は思い浮かばなかったんですよね。
もっとこうあらねば、大人だから、って本来の自分を変えようとするのではなくて、「ないものはない、あるものはある」を受け入れて無駄にじたばたしない。
舞田
ありのまま、自分を素直に出すってことがなんとなく“すとん”ときたんです。
これが不惑ってことかなって。
みさ
営業というお仕事柄、多くの方と接する機会が多い舞田さん。良くも悪くも影響を受けることもあるのでは?
舞田
頑張っている人、目標をもって何か身に着けたり、勉強したり、アグレッシブに動いたり。
それはとっても素晴らしいなって思います。
舞田
確かに私もやりたいなとかざわざわする気持ちがないわけではないけれど、今そこにエネルギーをさくのは自分にしっくりこないなと。
他者と比べない、それが大人になったってことかな。
みさ
大人の女性〜かっこいい!!
みさ
Refresh(リフレッシュできる場、こと、とき、もの)について教えてください。
舞田
取り立てて何かをやっているわけではないんですよね〜。
日々我慢しない。
食べたいものを食べる。寝たいときに寝る。言いたいことを言う。やりたいことは可能な限りやる。
舞田
なので、おやつも我慢しないし、9時半に寝てるし、息子にもわがまま言ってます〜。
舞田
私はタフネス(toughness)が弱いのかなと思うんですが、長期間悩み続ける忍耐力がないんです。
一晩以上悩みを持ち越せないし、集中的に悩んで一晩寝て起きるころには白黒答えをだします。
みさ
他者がその悩みにかかわるときもありますよね?
舞田
他者が絡んでいても悩んでいるのは私ですよね!私が悩まなくなればいいんです。
相手にぶつけるもよし、自分が行動するもよし。
悩みながら他のことをするのが無理なので。集中して悩んで、ささいなことは寝て忘れる。
舞田
あとは、日常な些細なことに目を向けるようにしています。
お月様がきれいだな〜とか、キンモクセイのいい香りがするな〜とか、子どもの小さな変化や成長を見つけたりとか。
日常のささいなところに素敵だな、いいな、を見つけるようにしています。
みさ
素敵〜。気づきってどんどん少なくなってきます。
舞田
年々気づきへの敏感さが減ってきますよね。
意識して目を向けるのも、リフレッシュになっていますよ。
みさ
舞田さんってお母さんとしてもHappyだなって。
舞田
そんな理想的なお母さんじゃないですよ。
人並みに怒ったりイライラしたりひどい母親な時も理不尽なことを言うときもあります。
ただ、それも含めて私を選んで生まれてきたんだから大丈夫だろうと信頼しています。
舞田
子どもが赤ちゃんの時から自分と分離した存在として見えていて、自分の子供といった感覚がないんです。
ある意味、子供であっても他者だと、突き放しているところはありますね。
みさ
息子さんとの距離感が上手だなとも思います。
舞田
ちょっと距離感を取り過ぎていてかわいそうだなと思うときもありますね。
息子本人は寂しがっているときもあるし、もっと甘やかしてもいいかなといったときもある。
みさ
育児ってついついのめりこんでしまう気がします・・・
舞田
完璧なお母さんなんていない。
どんなに心を込めて子育てしても吉としてでることも凶としてもありますよね。
相手の受け取り方の問題だったり、記憶のされ方の問題だったり、そこのコントロールはできない。
舞田
その時その時いいと思ったことをやるしかなくて、受け取り方までは、私が関与できるところではないなと思うんですよね。
みさ
子育て・・・確かに子供たち自身の成長、とらえ方ですよね。その時その時向き合っていくことですね!

関連記事

ページ上部へ戻る