STAFF BLOG

ひとつひとつのプロセスを褒める、励ましあう、承認する。~Habi*doのスタンプ機能

スタンプ機能

1つ1つの行動や発言をメンバーや管理者と互いに承認します。

エンゲージメントツールHabi*doの機能を紹介!今回はアクティビティやミーティングボードや他の人のプロフィールから送信することができるスタンプ機能です。

今回はこのスタンプ機能の活用法についてご紹介!

スタンプ機能の使い方

Habi*doは、グループで目標を共有し、習慣や学びの実践を共有し、互いに切磋琢磨しながら励まし合うことができます。そんななか、ユーザどうしが褒め合ったり、励まし合ったり、応援しあったり、感謝しあったり。いわゆる相互に承認をすることが、行動変容に効果的です。チームとしての一体感を生むきっかけになることは容易に想像がつくのではないでしょうか。

アクティビティから送るスタンプ

他ユーザのアクティビティや投稿に刺激を受けたら送ろう!

一緒に取り組むグループの他のユーザの頑張りがアクティビティで目に入ります。例えば、それは目標を達成したという報告かもしれませんし、その逆に未達成の申告かもしれません。毎日の習慣リストの実践報告かもしれません。なにか学習コンテンツを確認したり、感想を投稿したのかもしれません。オンラインバッジを獲得したのかもしれません。あらゆる側面から、その人の頑張りが見える化します。

アクティビティだけではなく、ミーティングボードにおけるコミュニケーションの投稿にも、同様にスタンプを送ることができます。

他の人の頑張りには積極的にスタンプを押してみましょう。難しいことはありません。コメントを添えれば、より相手はうれしいと思いますが、なくても大丈夫。気持ちは十分伝わります。「グッジョブ!」「すごい!」「ありがとう」「アイデア」「応援」から選んで送ってみてください!管理者の場合は、「アテンション」「すばらしい」「一歩」を送る権限が加わります。

スタンプのポップアップ送信画面

こんな感じで簡単に送ることができます。

「スタンプ」といっても、世の中的にあるチャットツールやアプリで使われる“スタンプ”とはちょっと意味合いが違います。コミュニケーションというよりは、承認の要素が強く、1つ1つの行動や発言に焦点をあてて、送るのです。

受け取ったユーザは、自分の何の頑張りがユーザや管理者から褒めてもらえたのか、応援してもらえたのかがわかるような仕掛けになっています。

1つ大事なこととしては、これを送ったことは、自分の受け取った人にしか分かりません。だから気兼ねなく、頑張りをたたえることができますね!

スタンプを送ると色づく

こんな風に送ったスタンプのテーマカラーに色づくんです。

 

スタンプを送ると、送ったスタンプのカラーにあわせてアイコンが色づきます。色をつけたくなりますよね!Habiの画面をどんどん色づけていってください(^^)/

なお、1つのアクションに対して1回だけスタンプを送ることができますよ!プロフィール画面からも送ることができますが、それは1日1回です。

獲得したスタンプのグラフ

マイデータ画面からこんな風に獲得スタンプがグラフ化

獲得したスタンプは、マイデータの詳細画面から確認することができます。もらった応援や賞賛が積み重なるのも、なんだか嬉しいものです。

シンプルですが、自分のどんなアクションが他者から認めてもらえたか、ということもわかり、より行動につながります。

スタンプメッセージの通知

受け取ったらスタンプとメッセージの内容が通知されます。

自己効力感を高める方法のひとつである「言語的説得」にあたりますし、こうやってスタンプを集めることそのものもゲーミフィケーション要素であり、楽しみの一つになります。

あとは何よりチームとしての一体感や信頼関係を生むきっかけになります。

エンゲージメントを高めるための機能の一つです。

関連記事

書いたひと

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがライフワーク。人材育成型の目標達成支援ツール「Habi*do」の企画設計、マーケティング活動に従事しています。楽しみなくして得るものなし!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る